JALとANAマイルはどちらが得?陸マイラーにはどっちが人気?

 

飛行機に乗らずにマイルを貯める陸マイラーさんは、最近とっても増えているそうです。そのくらいマイルは気軽に貯めれるし、その気になれば年間何十マイルと貯める方も。

 

では、そんな陸マイラーにとって、JALとANAマイルはどちらが得なんでしょうか。どっちが人気なんでしょうか。

 

今回は、陸マイラーがマイルを貯める一番の目的「特典航空券」から、JALマイルとANAマイルを比較してみようと思います。

「特典航空券」とは、マイルで交換する無料の航空券です。私たちの旅を一層楽しくしてくれる夢のチケット。

 

陸マイラーにはJALとANAマイルはどちらが得?どっちが人気なの?

 

JALとANA、マイルでみたらどちらが得かというと、どちらも、と答える陸マイラーさんは多いと思います。なぜなら一概にこっちといえないくらい、比較する項目によって異なるから。

どっちが人気と言えば、ANAの方がカジュアルで好きだという人、そもそも飛行機といえばJALが好きという人、そんな理由で飛行機からマイルを選ぶ方もいるので、人それぞれですね。

 

それでは早速、マイルの交換先といえば一番人気の「特典航空券」で比較してみましょう!

マイルをお得に使うなら「特典航空券」がおすすめ!

貯めたマイルの交換には、無料で飛行機に乗れる「特典航空券」が一番お得です。お得というのは、マイルの価値が一番高いということ。

特典航空券は1マイル=2円以上となります。その他の、電子クーポンや提携先のポイントへの交換は大体が1マイル=1円ですので、単純に倍以上の交換率となります。

 

JALの特徴

① 最低交換マイル数

  • 国内線の片道6,000マイル~、ディスカウントマイル期間は5,000マイル~交換可能
  • 国際線の往復15,000マイル~、ディスカウントマイル期間は12,000マイル~交換可能
  • 国際線は片道のみでも交換可能(ANAは往復のみ)片道7,500マイル~

 

② 必要マイル数の区分け

  • 繁忙期でもマイル数が上がらず、通常期とディスカウントマイル期の2つに分かれている。
  • JALカード会員だと、ディスカウントマイル期間にさらに少ないマイル数になる。(国内線500マイル引き・国際線1,000マイル引き)
  •  

ただし、ディスカウントマイル期間は国際線では路線も限られており、その路線ごとに期間も異なるので、どこに行こうか旅先を悩んだら、ここをチェックして決めるのもオススメです!

 

ANAの特徴

① 最低交換マイル数

  • 国内線の片道5,000マイル~交換可能
  • 国際線の往復12,000マイル~交換可能
  • 国際線は片道のみは不可

 

② 必要マイル数の区分け

 ・3つのシーズンに区分けされている。
   必要マイル数:閑散期(ローシーズン)< 通常期(レギュラーシーズン)<  繁忙期(ハイシーズン)

 ・特典航空券が利用できない期間がある。
   国内線:いわゆる日本の繁忙期(年末年始・GWの一部・お盆等)
   国際線:お正月のハワイ路線の一部

 

CAマイル得子さん

まとめますと!

JALは利用できない期間がなく、区分けの分かりやすさでいえば、マイルの交換に使いやすいと言えます。

ただ、JALのディスカウントマイル期間はおおむねANAの閑散期(ローシーズン)に重なることが多いので、大きく差はないのかもしれませんね。

ですので、JALもANAも行き先が決まっていない場合は、安くなる期間・路線をチェックしてから旅行計画を立てるとお得です!

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

人気のハワイに行きたいのならJALで狙おう!

人気の特典航空券の一番のネックは、特典航空券の枚数には限りがあるということ。決して航空機の空席が全て特典航空券になるのではなく、便ごとに専用に開放されている数席のみなんです。

 

ですので、冒頭でもお伝えしましたが、陸マイラーが増えたことで、特典航空券の予約は以前に比べて困難になっているのが現状。特にANAマイルを貯めている人が多いため、ANAの方が圧倒的に取り難く、人気のハワイは予約開始の1年前の予約開始と同時になくなります。

 

ただ、JALの方がマイルを貯めている人が少ないせいなのか、噂では確保されている座席数が多いからなのか、JALの方が予約が取りやすいので、ハワイに行きたい人はJALがおすすめですね!

とはいえ、国内線は繁忙期でなければ予約が取り難いこともなく、直前でも割と取れるはずですので、まずは気軽にチェックしてみて下さい。

 

【特典航空券の予約申し込み期限】

JAL

国内線:搭乗日の2カ月前の同日9:30(日本時間)から、ご搭乗日前日まで(日本時間)

国際線:搭乗日の前日から数えて330日前の日本時間10:00より予約
   ◆JALのHPは、出発の48時間前(出発地時間)まで ◆電話では、発の24時間前(出発地時間)まで

 

ANA 

国内線:ご搭乗2カ月前の同一日午前9:30から搭乗日4日前まで  <2018年10月28日搭乗分より変更>

  → 運航ダイヤ期間ごとの一斉予約開始後から搭乗前日まで
   ※2018年8月28日予約開始分「2018年10月28日~2019年3月30日」搭乗分を一斉発売

国際線:ご搭乗の355日前(出発日含まず)の午前9時(日本時間)から出発の96時間前まで

 

CAマイル得子さん

まとめますと!

一年前から旅行の計画を立てられる方は、人気のANAも狙えるので、JAL・ANAどちらでもOKです!

そんなに早く計画なんて立てられないし、という方は、JALに絞って狙ってみてくださいね。

 

参考:陸マイラー初心者に勧める2019年クレジットカード!メインカード2枚

 

まとめ

JALもANAもその魅力は一長一短。ですので私はどちらも貯めることにしました。

もし、この出張でこの国や都市によく行く、ですとか、帰省にこの土地に行くのに飛行機が使いたいなど、特定の場所がある方は、どちらの方が得かの判断は、そのポイントに定めて決めるのが一番です

 

やはり乗る回数が多いことが、一番その恩恵をに授かれますからね。

マイルを貯めて楽しく旅に出ましょう♬

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です