JALとANAマイルはどちらが得?JALカードとANAカード両方2枚持ちはお得?

 

JALとANA、マイルを貯める人なら、どちらが得かなと一度は思ったことがありますよね。JALカードとANAカードどちらを持った方が良いのか。両方?2枚持ちってお得なの?と。

特にまだこれからマイルを貯め始める方、貯め始めたばかりの方なら尚更。

 

私の結論を申しますと、両方2枚持ちしてもお得がたくさんあると思います!

JALマイルもANAマイルもメリット・デメリット共にあります。ただ、それを別々の項目で補っている感じです。ここはJALが!ここはANAの方が!と得意分野を打ち出している感じ。

 

それでは今回は、JALとANA、それぞれの特徴の中で私が特におすすめする箇所をご紹介していきますので、JALカード、ANAカードどちらを持つか、両方持つのか参考にしてみて下さいね。

 

JALとANAマイルはどちらが得?JALカードとANAカード両方2枚持ちはお得?

 

JALとANAを比較しようと思ったら、きっと今回の記事だけでは足りないと思うので、ここ!というところをあげてみます。

どちらが得か?という視点と、JALカードとANAカードはどちらの方が良いのか、それとも両方それともにして2枚持ちにすることはお得なのかどうか。

 

乗れる飛行機は数で選ぶ?規模の大きさで選ぶ?

ANAもJALもそれぞれ、アライアンスと呼ばれる航空連合に加盟しその加盟航空会社と共同運航をしています。
 
 
例えば、日本から直行便がない都市や地域へは、途中まではANAやJALを使いその先は提携している航空会社に乗り換えますそのため、提携航空会社であれば、ANAやJALのマイルが貯まるという仕組み。

 

海外旅行に行った時、空港で乗り換える際に自分が予約をしていない航空会社名のカウンターで、乗り換えの手続きをした事はありませんか?私は、一人旅の時は「本当にこのカウンターで良いのだろうか」とビクビクしながら、でも弱気を見せてはいけないと拙い英語で立ち向かっております。

そう、この加盟航空会社がどれだけあるのか、どこが含まれているかで、ANAとJALを選ぶきっかけになるかも。
 
主な提航空会社はこちら
 

ANA【スターアライアンス】
ユナイテッド航空
エアカナダ
シンガポール航空
タイ航空
アシアナ航空
エバー航空
中国国際航空
ルフトハンザ ドイツ航空
オーストリア航空
ニュージーランド航空他 全28社 
 
 
JAL【ワンワールド】
アメリカン航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
フィンエアー
カンタス航空
キャセイパシフィック
カタール航空
エミレーツ航空 他 全14社 
 
 
それぞれ主要な航空会社がありますが、やはりANAが加入しているスターアライアンスは、28社という世界一の大きさが魅力

一方JALですが、一見少ない事がデメリットに見えますが、その提携している航空会社が世界各国の最大手が集まっているおり、ここの航空会社ばかり乗ると決めている陸マイラーさんもいるので、JALを選ぶ方もたくさんいます。

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

有効期限からマイル失効を守るための対策は?

マイルには3年という有効期限があり、これはJALもANAも同じ。しかも期限が切れると失効。つまり消滅してしますのです。これはマイルを貯める者にはとっても痛くもったいないこと。

これに対する対策として、それぞれのカードが持つ特性から見ていきましょう。

 

【JALの場合】

JALカードのメリットの一つで、ショッピングで貯まるポイントがそのままJALマイルになる、というものがあります。

これはもちろん手間の掛からないというメリットがありますが、返せば、意図してもしなくてもマイルの有効期限に近づいていっているということ。

 

ただ、逃げる方法としてどこからマイルを獲得したかによって、避けることができます。

というのは、通常のJALカードを利用してショッピングをした場合、マイルはそのままJALカードのポイント=マイルとして入りますが、ポイントサイトを利用してポイントをマイルに交換するなら、そのポイントをJALカードに移行するのを調整できます。

ポイントサイトとは
そのサイトを介してショッピングやサービスを受けると、サイトのポイントを獲得することができ、獲得したポイントを現金に換金できるサイト。

代表的なポイントサイト moppy ハピタス  など 

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるJALマイル~貯め方編 

 

【ANAの場合】

一方、ANAカードはショッピングを利用して得たポイントは、一旦クレジットカードのポイントとして貯まり、その後マイルへ動かします。

ここで重要なのが、自動で移行することもできれば、都度移行にすることもできるということ。

 

自動移行にしている場合、ショッピングマイルがすぐにANAマイルになるので、そこから有効期限が開始されています。ですので、都度移行にして、自分のタイミングで移行する方が良いですよね。

だた、ここで注意なのが、ショッピングマイルにも有効期限があるということ。大体2年ということが多いので、ショッピングマイル2年、マイルに移行して3年と合計で5年保持することができます。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

まとめ

JALもANAもメリット・デメリットは必ずあります。大切なのはどの部分が自分に影響するのかを見極めること。そうしないと、いつのまにかマイルの有効期限が来て、失効していたなんてことになりかねない。

 

ANAカードによっては、クレジットカードのショッピングポイントの期限がないものもありますので、その場合はもっと長くマイルを維持できます。十分に考えてマイルを貯めるカード選んでくださいね。

マイルを貯めて、楽しい旅行にでかけましょう♪

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です