ANAにあってJALにないもの何がある?マイルで比較したらどっちが好き?

 

JALとANAはどっちが好き?とよく比較されます。

実際に比較してみると、きっとANAにあってJALにないもの、JALにあってANAにないものはそれぞれあるはず。

 

ではその中で、マイルで比較してみたら、どのような違いがあると思いますか?マイルを貯め始めた初心者にとっては、どちらがお得なのか、どちらを貯めると良いのか気になること。

 

例えば、JAL便はあるけど、ANA便はない、という都市もあります。もちろんその逆も。

これって、大したことないように思うかもしれませんが、実際に出張や帰省でよく利用する人にとっては、マイルを貯めるのに大きな影響がでてしまします。

 

ということで今回は、ANAマイルとJALマイルで国内線と国際線の路線で比較してみましょう。

 

ANAにあってJALにないもの?JALにあってANAにないもの?マイルで比較したらどっちが好き?

 

マイルで両社を比較した時、ANAにあってJALにないもの、JALにあってANAにないもので大きく影響が出るものといえば、就航路線の違いがあります。つまりどこへ行けるかということ。

それは、国内線も国際線でもいえることで、それによって利用頻度が変わるのですから、マイルで交換する無料の航空券「特典航空券」を狙うとしたら、自分がどっちの方がお得なのかの判断になりますよね。

 

また、これは私の主観ですが、何となく搭乗した時の雰囲気って両社違いますよね。あまり大袈裟には言えませんが、JALは落ち着いた雰囲気を醸し出し、ANAは明るく元気な感じ。

 

ちなみに私はどちらが好きかと言われると・・・真剣にどちらもと思っており、正直、楽しい旅行に出かけられるのであれば、どっちでもOK!ということですね。

 

JAL・ANAを国内線で比べてみると?

JALとANAの国内線の就航路線で比較すると、ANAが49ヶ所、JALが34ヶ所あります。数でいうと、ANAの方が圧倒的に有利。

 

◆ANA/JALどちらでも行ける

釧路、旭川、帯広、女満別、札幌、函館、秋田、小松、名古屋、大阪、岡山、広島、山口宇部、松山、高知、高松、徳島、北九州、福岡、宮崎、長崎、大分、熊本、鹿児島、沖縄、宮古

 

◆ANA便のみ

根室中標津、オホーツク紋別、稚内、大館能代、庄内、仙台、八丈島、新潟、富山、能登、岩国、鳥取、米子、萩・石見、佐賀

 

◆JAL便のみ

青森、三沢、山形、南紀白浜、出雲、奄美大島、久米島

 

マイルで交換する無料の航空券を「特典航空券」は、ANAとJALで大きく違うのが、必要マイル数の区分の仕方です。

 

ANAには3つのシーズン(ローシーズン・レギュラーシーズン・ハイシーズン)と分かられており、繁忙期のハイシーズンが一番マイル数が必要となります。

一方JALは、ハイシーズンなどの季節による区分はなく、むしろ「ディスカウントマイル」や「JALカード割引」など少ないマイル数でいける期間があります。

 

概ね、ANAのローシーズンとJALの割引期間を同じようですが、どちらがだけに引っかかることもあるので、もし両方のマイルを持ってたら、両社をチェックすることがオススメ。

その他、沖縄の離島はJALしか飛んでいない島がありますので、沖縄路線はJALが強いですね。

 

CAマイル得子さん

ここで一言!

国内線は出張や帰省でよく利用する方が多いですよね。その都市にどちらかしか就航していないのなら、是非マイルを特定して貯めることをおすすめします。

フライトマイルが貯まりますが、利用頻度が多い人は、気づいたらマイルが貯まっていた、なんてことになるので、意外と侮れないんですよ。

 

マイルが貯まるおすすめのカードランキングはこちら!

⇒ マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

JAL・ANAを国際線で比べてみると?

国際線の比較は、それぞれの直行便では差がないのですが、差が顕著にでるのが「アライアンス」と呼ばれる提携航空会社の比較です。

アライアンスとは、航空連合のこと。各航空連合に加盟し、その加盟航空会社と共同運航。

 

例えば、日本から直行便がない都市や地域へは、必ず乗り換えが必要となり、途中まではANAやJALを使えても、その先は提携している航空会社にお任せをして、その都市へと乗客を運びます。
 
そのため、ANAやJAL以外の飛行機に乗っても、提携しているところであれば、ANAやJALのマイルが貯まるという仕組みなんですね。

 

つまり、アライアンスの数が多いと世界中色々な所に、無料の特典航空券で行けるのです。

それぞれのアライアンスはこちら。

 

【JAL】 アライアンス名:ワンワールド
 
アメリカン航空ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空  / キャセイドラゴン航空、フィンエアー、イベリア航空、 LATAM航空 / ランベル―航空 /ランエクアドル航空 /ランアルゼンチン航空、マレーシア航空、カンタス航空、カタール航空、ロイヤルヨルダン航空、S7航空、スリランカ航空

 

以下は、ワンワールドに加入していませんが、JALマイルで特典航空券の交換が可能。
 
エールフランス航空エミレーツ航空、ハワイアン航空、バンコクエアウェイズ
 

 
 
 
【ANA】 アライアンス名:スターアライアンス
 
アドリア航空、エーゲ航空、エアカナダ、中国国際航空、エアインディア、ニュージーランド航空、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ航空、アビアンカ・ブラジル航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、シンセン航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エア ラインズ、TAPポルトガル航空、タイ国際航空、ターキッシュ エアラインズ、ユナイテッド航空

 

以下は、スターアライアンスに加入していませんが、ANAマイルで特典航空券の交換が可能。
 
エアドロミティマカオ航空、エティハド航空、ユーロウィングスガルーダ・インドネシア航空、ジャーマンウィングスジェットエアウェイズ、オリンピック航空、フィリピン航空、ヴァージンアトランティック航空、ベトナム航空
 

 

数でいったら、ANAのスターアライアンスが圧倒的。スターアライアンスは、全28社という世界一を誇るアライアンスです。

JALの場合、数でみると見劣りするのですが、世界最大の航空会社アメリカン航空が入っていたり、人気のハワイ路線、ハワイアン航空があったり、主要都市の人気航空会社は必ず網羅されています。

 

つまり、世界中の色々な所に行きたいのなら、ANA、自分の好きな都市の、大きな航空会社がJALにあるなら、JAL。ということ。

まとめ

ANAもJALも私は好きです。楽し旅に行けるのなら、どちらでも全然構いません。とはいえ、マイルを貯めて行くのなら、できるだけお得に行きたいと思いますよね。

 

そう思うと、やはり私はANAマイルもJALマイルも、両方貯めてしまうのです。ちょっとアンチかもしれませんね(笑)

さぁ!マイルを貯めて、ワクワクする旅に出ましょう♫

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です