マイルって何ができるの?おすすめは航空券の交換【ANA編】  

 

マイルが少しずつ貯まってきた頃、気になりますよね。

「このマイル、どれだけ貯まったら交換できるの?」「航空券に交換ってできるの?」「航空券以外って何ができるの?」

 

マイルを貯める目的はやっぱり無料の航空券。マイルを交換するとしたら一番のおすすめはこの航空券ですが、他に何に交換できるのかも知っておく方が絶対に楽しいですよね!

それでは今回は【ANA編】として、マイル初心者でも分かるANAマイルが貯まったら何かできるのか、航空券への交換も含めてご紹介いたします。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

ANAマイルって何ができるの?航空券と2つの交換先

やっぱり航空券が一番お得!

ANAマイルで何かに交換するとしたら、もちろん一番おすすめなのは航空券。マイルで交換できる無料航空券を「特典航空券」といいます。

ANAは国内線の特典航空券は片道5000マイル~、国際線は往復12000マイル~

 

マイルの価値は1マイル=1.5円~10円と捉えることができます。この価値は距離が遠くなり、ハイクラスの座席になればなるほど価値があがるので、一番お得になるのは、国際線のファーストクラス。1マイル=13円になることも。

おおよその目安はこちら
  1. 国際線ファーストクラス特典航空券(13~14円)
  2. 国際線ビジネスクラス特典航空券 (6~7円)
  3. 国際線エコノミークラス特典航空券(1.7~1.8円)
  4. 国内線特典航空券        (1.5円~2円)

 

「東京ーNY」の往復ファーストクラス通常の航空券を購入しようと思ったら200万円ぐらいかかるります。200万円!手が届く人は一握りの世界ですね。

でも同じ区間をマイルで特典航空券に交換するとしたら、150,000マイルぐらい150,000マイルって、貯めるの難しくないんですよ。手が届きます!

 

とはいえ、私なら150,000マイルあったら、ファーストクラスではなく、ビジネスクラスで2か所の旅に行きますね。ビジネスクラスもマイルなら身近にな存在になりますよ。

 

もし今、10,000マイルぐらい貯められているとしたら、少しだけ先をイメージしてみて下さい。

18,000マイル貯めたら「東京ー沖縄」に行けます。15,000マイルあれば「東京-韓国」に行けます。マイルが連れ行きたかった場所へ連れて行ってくれますよ。

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

期限切れになりそうなら提携際のポイントへ

マイルの有効期限は3年。期限が来れば失効です。

とはいえ、旅行の予定がなかったり、期限切れになるのは特典航空券に交換するほどではなく、端数だったりした場合、提携先のポイントへ移行しましょう。

 

ANAは提携先が豊富にあり、日常に使えるポイントへ交換ができるので便利です。

主な提携先

  • 電子マネー「楽天Edy」 10,000マイル⇒10,000円分のEdy
  • Tポイント        10,000マイル⇒Tポイント10,000ポイント
  • スターバックス カード    10,000マイル⇒10,000円分のスターバックス カードへ
  • nanacoポイント       10,000マイル⇒nanacoポイント10,000ポイント

 

座席のアップグレードは現金よりマイルがお得

国際線のみですが、購入済みの航空券の座席を1ランクアップすることができます。
 
エコノミークラスをビジネスクラスへ、ビジネスクラスを最上級のファーストクラスへ。通常の航空券でビジネスクラスにするよりもマイルの方が断然お得なので、機会があったら試してみては。 
 
 

CAマイル得子さん
ここで注意です!
 
これができるのは、正規航空券のみです。 つまり航空会社経由で購入した航空券だけで、格安航空券やツアーの座席をアップグレードする事はできませんよ。

 

ANAマイルって何ができるの?航空券の次におすすめの交換先

 

マイルの交換先、特典航空券には限りがあり、希望通り取れないこともあるのですが、既に旅行に行く気満々だったらショックですよね。そんな時は、ANAのSKYコインへ交換しましょう!
 
ANA SKYコインは、ANAのホームページで航空券や旅行商品の支払いに利用できる、電子クーポンです。
 
 
 
特典航空券は限定枚数分の席を確保され、それが埋まったらおしまいですが、通常の航空券は空いていれば、このSKYコインで購入ができるんです。
 
1SKYコイン=1円
 
しかも、10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数と、ANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードの種類に応じて、交換率がUP!
 
 
 

例えば、沖縄への特典航空券に必要な18,000マイルを、SKYコインへ交換する場合

 ※ANAカード会員(ワイド)・(一般)を持っていたら
 
 10,000 マイル →交換倍率 1.2倍→12,000 コイン 
 
+  8,000マイル →交換倍率  1倍 →  8,000 コイン 
 
 = 交換後コイン数合計 20,000 コイン


 

20,000円分を正規の航空券代から引くことができるので、かなりお得です。

通常の航空券はちょっと高いかもしれないけど、その補填にマイルが使えれば少しお得ですよね。

 
 参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

まとめ

 

 特典航空券をGetしようと思おと、それなりに早めの計画が必要です。でもそんなにキッチリと計画も立てられなかったり、気づいたら有効期限が切れそうになっていたら、思い出してください。

交換方法は航空券以外にもあるということ。

「仕方ないか」と諦めずに、是非マイルを有効活用してくださいね♫

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です