マイルのメリット・デメリットは?使い方を考えるマイルとは?

マイルのメリットは? ⇒ 飛行機を無料で乗れること。

マイルのデメリットは?⇒ 有効期限が3年しかないこと。

 

簡単に言うと、こんな感じではないでしょうか。でも、実際にはもっとメリットはたくさんあります!

ビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードできたり、航空会社のクーポンと交換して金券として使えたり、waonや楽天Edyなどの電子マネーに交換ができたり・・・

マイルの価値は、1マイル=1円ではありません。使い方によっては、1マイルが=10円になることも。

 

マイルのメリットとデメリット、あなたがまだマイルを貯めていないのなら、貯める前に是非知っていて欲しい。もし、もう貯めている人なら、もしかしたら、まだ知らない事がでてくるかもしれないから、最後まで読んでみて下さい

それでは今回は、マイルとはどんな使い方ができるのかをご紹介していきます。

 

マイルのメリットとデメリット。使い方から考えたマイルとは?

 

マイルとは、使い方を知ってさえいれば、思っている何倍もお得なポイント。

実はデメリットとしてあげた「有効期限3年」についても、使い方によっては、メリットにする方法があります。これこそ知らないと、ただ消失するのを泣く泣く見過ごすだけ。

 

そんなの、絶対にもったいないです!

マイルのメリットとデメリットを知って、その特性を活かして賢い使い方をしましょう!

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

マイルのメリット~飛行機をタダで乗ろう!

①最大のメリットは「特典航空券」

飛行機をタダで乗ること。これこそが飛行機に乗らずにマイルを貯める、陸マイラーの一番の目的。

その航空券を「特典航空券」と言います。旅好きの夢のチケット。

 

マイルの交換率
◆国内線特典航空券の場合 ⇒ 1マイル=約1.5~2円の価値

◆国際線特典航空券の場合 ⇒ 1マイル=約1.8円の価値(エコノミークラス)

             ⇒ 1マイル=約7円の価値 (ビジネスクラス)

              ⇒ 1マイル=約10円以上の価値(ファーストクラス)

 

お気づきかと思いますが、ビジネスクラスやファーストクラスになるほど、マイルの価値が高い。つまり、通常の航空券ではなかなか手に入らないと思っている、ハイクラスの旅をマイルなら体験できるということ。

 

実際に、マイルを貯めて特典航空券を狙う人たちは、ビジネスクラスを希望することが多いんです。

長距離の旅行や、小さいお子様がいる家族旅行、またはシニアになった親御さんとの旅を、ビジネスクラスでゆったりと行けたら、何より安心ですよね。

 

②ハイクラスの座席にアップグレード

既に購入済みの航空券の座席を、ワンステージアップすることができます。

エコノミークラスをビジネスクラスへ

ビジネスクラスをファーストクラスへ 

 

CAマイル得子さん

ここで注意です!

このアップグレードは、あくまで、航空会社を通じて購入した正規航空券のみとなります。

ツアーや格安航空券では使うことができませんので、注意してください。

 

マイルのデメリット~対有効期限切れ対策でデメリットをメリットに

 

実は、最大のデメリットは、特典航空券の座席が取りにくいこと。

特典航空券用として、確保されている枚数が限られているため、人気のハワイや、繁忙期の特典航空券は、しっかりと計画を立てて早めに予約を取らないと、希望した日に取りにくいのです。

 

マイルは3年という有効期限があるので、その期間内に使わないと消失・・・。

必ず有効期限はこまめにチェックしておきましょう。また、特典航空券を利用したい旅行の計画は、なるべく早めに立てて予約するべし!

 

とは言え、その予約が取れなかった場合や、マイルの期限切れが中途半端となり、特典航空券と交換するには足りない場合は、どうするか。

そんな時は、以下の利用方法を是非活用してみて下さい!

 

①航空会社の電子クーポンに交換して、通常の航空券を購入しよう!

ANAは「SKYコイン」・JALは「eJALポイント」という航空会社の電子クーポンに交換。

これは、航空会社の金券のようなもので、ホームページから通常の航空券や、ツアーの代金に使う事ができます。しかも、それぞれ航空会社のカードを持っていると、交換率がお得に。

ANAの場合⇒ ANAカードのランクによって、1.2倍~最大1.7倍で交換が可能。

JALの場合⇒ マイル数によって追加ポイント有。

5,000マイル=5,000ポイント(5,000円相当)、10,000マイル=15,000ポイント(15,000円相当)

 

②好きな電子マネーや提携ポイントに交換して、日常で使おう!

それぞれの主な交換先はこちら。

ANAの場合⇒ 楽天edy、楽天スーパー、Tポイント、nanacoポイント など

JALの場合 ⇒ waon、Pontaポイント,Amazonギフト券 など

 

まとめ

マイルのデメリットである3年の有効期限。

計画的に旅行に行く人にとっては問題ない期間ですが、なかなか旅行に行かない人にとっては、あっという間ですよね。

 

でもそんな時は、クーポンに交換したり、ポイントに換えたりして有効活用ができるのどうか有効期限切れのマイルが近付いていないか、チェックしてくださいね。

マイルは、旅好きには夢のパスポート! 

貯めて、貯めて、行きたかった国、見たかったモノを楽しんできて下さいね♪

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です