沖縄へマイルで行く!ANAマイルの交換は沖縄旅行【特典航空券の裏ワザ有】 

 

沖縄へマイルで行けたら最高ですよね!

きっともう何回も行っている人も多いのでは?でも、沖縄旅行は夏休みに集中するのでトップシーズンだと、航空券を取るのが大変ではないですか

 

通常の航空券なら割高だし、貯めたマイルで行こうと思っても、人気があるので思うように希望の便を取れなくて、諦めるなんて思いをされていないでしょうか。

特にANAマイルは貯めている人が多いため、夏休みはマイル交換ができないから、沖縄ではなく他にしよう、なんてことも。

 

少し待ってください。諦める前に試してみて欲しい方法があります。

マイルで交換する無料の航空券「特典航空券」のちょっとした裏ワザをお伝えします。それから予約が取れなかった場合、次におすすめする交換方法と一緒に。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

沖縄へはマイル交換で!ANAマイルで沖縄旅行へいく2つの方法~特典航空券の裏ワザも!

 

まずは、沖縄へANAマイルでいく場合、どれくらいのマイル数で無料の航空券(特典航空券)に交換ができるのか。

※沖縄旅行はパートナーや家族と一緒だと思いますが、必要マイル数はお一人分からを表示いたします。

 

ANAの場合3つのジーズン(ローシーズン・レギュラーシーズン・ハイシーズン)に分かれています。

◆L(ローシーズン)   2019年:1/6~2/28、4/1~4/25、12/1~12/20

◆R(レギュラーシーズン)2019年:3/1~3/14、5/7~7/31、8/26~11/30

◆H(ハイシーズン)   2019年:1/1~1/5、3/15~3/31、4/26~5/6、8/1~8/25、12/21~12/31

恐らく沖縄旅行に選ぶのは、上記赤字の期間が多いですよね。

 

 

上記の必要マイル数の中から「東京ー沖縄・沖縄離島」でみると、レギュラーシーズンとハイシーズンで沖縄往復は、最低でも18,000マイル~23,000マイル。

 

せっかくここまでマイルを貯めたのですから、行きたい場所に行きたいですよね。

では、繁忙期でも沖縄旅行の特典航空券をねらえる方法を、2つお伝えします。

 

沖縄へはマイル交換で!ANAマイルで沖縄旅行へいく1つ目~あくまで特典航空券で行く

1つ目の方法は、強行突破作戦です!

まだ旅行に行く日にちが決まってなくても、とりあえずおおよその日程で、特典航空券に交換してしまいましょう!

 
もちろん、その日に行ければそのまま予定を組めばいいし、別日にしたい場合は、後から:夏ダイヤ(3月の最終日曜日~10月の最終日曜日の直前の土曜日)ご搭乗分:1月下旬頃発売予定変更ができるんです。
 
 
 
これは、実施に多くの陸マイラーがとっているやり方です。

ただし!一緒に行く相手や、行き先を変更することはできません。変更できるのは、あくまで日付と飛行機の便の変更のみ。
 
 
 
ここで、ANAの国内線の航空券を取り方ですが、注意があります!

2018年10月より、予約開始日の取り決めが変更となり、航空券の種類によって違います。

 

航空券の種類ごとの予約開始日

「ANA FLEX」:搭乗355日前 9:30

「ANA VALUE」:夏ダイヤ(3月の最終日曜日~10月の最終日曜日の直前の土曜日)ご搭乗分:1月下旬頃発売予定

「ANA SUPER VALUE EARLY」:搭乗355日前 9:30

「ANA SUPER VALUE」:夏ダイヤ(3月の最終日曜日~10月の最終日曜日の直前の土曜日)ご搭乗分:1月下旬頃発売予定

 

※ANA FLEX・・・空席予測数に連動して、タイプA~Dで運賃額が変動する運賃。便ごとの空席予測数に応じて、A~Dのうち、予約・購入可能な最安運賃となる。

※ANA SUPER VALUE EARLY・・・マイレージクラブ会員限定

 

つまり、この申込期限の日を狙って早めに予約をしてしまいましょう。たとえ、その時点で日程が決まっていなくても。
 
後から日にちを変更をすることができるので、おおよその日程で一旦取得しまえば、後日調整すればよいのです。

 

そして次の問題は、はたして上手いこと変更したい日程が取れるのか?ということですよね。
 
実は、申込開始時点では、予約はあっという間に満席になるのですが、旅程日の2、3週間前になるとキャンセルが出やすいんです。

 

これは恐らく、同じようにとりあえず一旦予約した人たちが、日程を変更したり、キャンセルしたりしているから。

ただ、沖縄などの国内線の場合は、予定が立てやすいからなのか、あまりキャンセルがでないんです。ですので、予定が合わなくて変更したいけど空いていない場合は、残念ですがキャンセルをすることとなります。

 

これは、どうしても特典航空券で行きたい場合の方法ですので、こんなに危ういのはちょっと嫌だと思われた方が、次の2つ目の方法をおすすめします! 

 
 

CAマイル得子さん
 
ここで注意です!
 
変更ではなく、払戻(キャンセル)は手数料がかかるので気をつけましょう!
 
未使用の場合に限り 払戻手数料マイル:1名様につき3,000マイル

 

マイルが貯まるおすすめのカードランキングはこちら!

⇒ マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

沖縄へはマイル交換で!ANAマイルで沖縄旅行へいく2つ目~「SKYコイン」で行く

 

2つ目の方法は、ANAの「SKYコイン」

ANA SKYコインは、ANAのホームページで航空券や旅行商品の支払いに利用できる、電子クーポンです。

 

マイルをこのコインに交換すれば、通常の航空券やツアーの代金のお支払いができます。

特典航空券は限定枚数分の席を確保され、それが埋まったらおしまいですが、通常の航空券なら席が空いていることが多く、希望の日時や便がある場合、このコインへの交換すれば予約が可能に!

 

1SKYコイン=1円

 
しかも、10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数と、ANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードの種類に応じて、交換率がUP!
 
   ※ANAマイレージクラブの会員ステイタスとは・・・ANA搭乗の実績にあわせたプレミアムメンバーのこと

 
   

例えば、沖縄への特典航空券に必要な18,000マイルを、SKYコインへ交換する場合
 
 ※ANAカード会員(ワイド)・(一般)を持っていたら
 
 10,000 マイル →交換倍率 1.2倍→12,000 コイン 
 
+  8,000マイル →交換倍率  1倍 →  8,000 コイン 
 
 = 交換後コイン数合計 20,000 コイン

 

20,000 円分を通常の航空券代から引くことができます。

恐らく、繁忙期の沖縄航空券は20,000円以上すると思いますが、このコインで一部を負担できれば、マイルを有効活用したことになりますよね。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

まとめ

沖縄旅行は楽しいです。何度でも行きたくなるし、ワクワク、ドキドキしますよね。

マイルで行けたら、その分現地での楽しみに使えますよ。ちょっとホテルをリッチにしたり、ショッピングを楽しんだり、美味しいものをたくさん食べたりと。

 

大切なパートナーやお友達、ご家族との思い出をより彩るために、マイルを役立ててくださいね。

さぁ!マイルを貯めて、ワクワクする旅に出ましょう♫

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です