ANAマイルのクレジットカードはANAカードのVISAワイドゴールドカードが最強

 

ANAカードはとにかく種類が豊富。

初めてマイルを貯めるために、ANAカードを探そうとした人は、その種類の多さに一体どれにした良いのか、きっと迷ってしまうことに。

 

私がまさにそうでした。

その中で調べて探して見つけたのが、『ANA VISA ワイドゴールドカード』

 

恐らくたくさんの陸マイラーさんが、このカードをおすすめしているのも、目にされたかと思いますが、ANAマイルを貯めたいと思ったら、このクレジットカードが一番!

 ※陸マイラー・・飛行機に乗らずにマイルを貯める人のこと

 

えっ、ゴールドカード?!でもゴールドって年会費が高いから・・・と思われた方は、ちょっとここに寄っていってください。

このクレジットカードが、なぜこんなに人気があるのか、今回はそこをご紹介していきますね。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

ANAマイルのクレジットカード『ANA VISA ワイドゴールドカード』をおすすめする2つの理由

 

ANAマイルは貯めやすいといわれています。

それは、日常の中で貯まるポイントが、マイル移行しやすく、飛行機に乗らなくてもマイルが貯まるから。

 

そんな貯めやすいANAマイルを貯めるにも、コツがあります。

それは各クレジットカードの特徴を活かして、できるだけ高い還元率でマイルに移行することが大事。

 

『ANA VISA ワイドゴールドカード』

ANA VISA ワイドゴールドカード

このカードがゴールドであること、VISAであること。ここにこのカードが人気である理由があります。

 

理由その1~ANAのゴールドカードの中で一番安い年会費!

ANA VISA ワイドゴールドカードの年会費は、15,120円 (税込)

やはいゴールドは高いなぁて感じですよね。
 

私は、それまで年会費2,000~3,000円のクレジットカードしか持ったことがなかったので、正直この年会費をみたとき、自分が持つことを想像できませんでした。

でも結論からお伝えしますと、この年会費を4,500円も下げることができるんです!

 

つまり、年会費 15,120円 → 10,260円 (4,860円割引)

 

年会費を10,260円(税込)にすることで、ANAカードのゴールドカードの中で最安になることに。

 ※ANAカードのゴールドカードは、15,000円~31,000円(税抜)

 

この減額の仕組みはこちら・・・

【 WEB明細書の利用+マイ・ペイすリボを申込み+利用で、翌年度以降併用割引 】

  ※マイ・ペイすリボとは、ショッピング1回払いご利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法 

①WEB明細書サービスの利用で翌年度以降年会費 最大 税抜1,000円+税 引き
 
   14,000円 → 13,000円(税抜)   ※このカードは1,000円対象

 
②マイ・ペイすリボを申込み+利用で初年度より年会費割引
 
  14,000円(税抜) → 10,500円(税抜)  ※このカードは3,500円割引対象

 

①+②WEB明細書の利用+マイ・ペイすリボを申込み+利用で、翌年度以降併用割引
 
  14,000円(税抜) → 9,500円(税抜) ※合計4,500円割引

つまり 10,260円(税込)  

 

CAマイル得子さん

ここでちょっとおまけです!

この年会費の減額は、三井住友のVISAカードだからです。

なので、同じANAゴールドの「ANA  JCB ワイドゴールドカード」は対象外となるので、注意してくださいね!

 

マイルが貯まるおすすめのカードランキングはこちら!

⇒ マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

理由その2~ANAマイルの高い還元率を獲得しやすい!

 

ANA VISA ワイドゴールドカードを使って日常のお買い物をすると、「ワールドプレゼントポイント」という三井住友のポイントが貯まります。

これは2種類のポイント、通常のポイントボーナスポイントに分かれているのですが、それぞれの特徴を活かすと、そのポイントからANAマイルへの移行がとってもお得になるんですよ。

 

【通常ポイント】 1,000円利用=1ポイント=10マイル (還元率1%)

これは分かりやすいですよね。単純に利用した分が、この割合でポイントになるという一般的なポイント付与のパターンです。

 

一般カードだとこの還元率1%にするには、年間5,000円~6,000円の手数料を追加しなければならないので、ゴールドなら初めからこの特典がついてきます。

 

 

【ボーナスポイント】1ポイン=3マイル

こちらは利用した度合いによって、そのボーナスとしてポイントを付与するというものですが、これは三井住友カードが提供している【マイ・ペイすリボ】という支払い方法を選択することで、還元率が大きく変わることができるんです。

 

簡単に言ってしまいますと、前年度にたくさんクレジットカードを使って利用額が多い人に、ボーナスポイントプレゼントします!というもの。

 

 この表の見方は、最高で年間300万円以上利用すれば、「50万円で300ポイント、以降は10万円ごとに60ポイント」ということです。

が、年間の300万円て、クレジットカードを利用しなれていないと、なかなか難しいですよね。1ヶ月25万円ぐらいは必要となりますから。

 

このように、クレジットカード利用をかなり高額にしなければ、恩恵はないように感じるかもしれませんが、一番下のV1だと年間50万円以上です。

 

例えば、1ヶ月4万円~5万円のカード決済をすれば、V1が獲得できますし、V2を目指すなら日常の支払いである、公共料金やちょっとしたお買い物などをできるだけクレジットカード払いにすれば、1ヶ月9万円ぐらいの利用で年間100万円以上を達成することができます。

 

 

CAマイル得子さん

これらのコツを使って利用すれば、ショッピングポイントが貯まり、それをANAマイルに移行すれば、ANAカードの一般系のクレジットカードよりもANAマイルの貯まりが早くなりますよ!

 

 

『ANA VISA ワイドゴールドカード』お得な入会方法はこちら!

申込はこちらをクリック⤵

ANA VISAカード

 

入会すると誰でも入会ボーナスマイル2,000マイルをもらえますが、ANA VISA ワイドゴールドカードならあと2,000マイル追加でもらえますよ!

 

ANA<マイ友プログラム>  ※初めてANAカードを申込む方のみ対象

ANAカードを持っている人から紹介があると、入会時に500~2,000マイルが付くというもの

ANA VISA ワイドゴールドカードなら2,000マイル追加でもらえますよ!

 

ANAカードをお持ちの知り合いの方がいたら、是非このプログラムを利用することをオススメします。

 

★周りにANAカードを持っている方がいない場合

★周りにANAカードを持っている方がいない場合

このサイトをご覧の方に、私よりご紹介させて頂きます。

ご希望の方は、必ずカード申込前に「お問い合わせ」にて ”ANA  VISA ワイドゴールドカード申込希望” の旨をご記入の上、ご依頼ください。

速やかにご対応させて頂きます。

なお、メールアドレスは、返信以外の用途には利用しないことをお約束いたします。

 

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

まとめ

ANAカードで迷ったら、ちょっとこの「ANA VISA ワイドゴールドカード」も考えてみてください。

ゴールドカードも、以前に比べて審査が通りやすくなったといわれています。

 

とはいえ、誰でも審査OKではないのですが、マイルを貯めたい時はひとつのカードに集中する方がよいので、このカードでなくても、自分にあったものを見つけて、楽しくマイルを貯めてみてくださいね!

さぁ!マイルを貯めて、ワクワクする旅に出ましょう♫

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です