ハワイ往復に必要なマイルが貯まる?ANAマイルでハワイ旅行に行こう!

昔も今も、日本人に大人気の ”ハワイ”

”ハワイ”と聞くだけで、その不思議なパワーを感じ、ワクワクしてしまうのは、私だけではないですよね。他にも常夏の島はたくさんあるのに、何故かハワイには、私たちを惹きつける魅力があります。

 

では、ハワイを往復するのに、どのくらいのマイルが必要なのか。

  答え ⇒ 40000マイル

飛行機に無料で乗るためのチケット「特典航空券」を手に入れるのに、ハワイ往復に必要なマイルは、おおよそ一人40,000マイルかかります。

 

通常の航空券よりどのくらいお得なのか、今回は、貯めている人が多いANAマイルで、人気のハワイ旅行に行く場合について、ご紹介しますね。

ANAマイルを貯めている方、これから貯める方、マイルが貯まったら、ハワイ旅行に行きましょう!

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

ハワイ往復に必要なマイルが貯まったら、ANAマイルでハワイ旅行に行こう!

ハワイ往復に必要なマイルはこちら

マイルには、飛行機に乗って貯まるマイル「フライトマイル」があります。

まずは、通常の航空券でハワイに行った場合、「フライトマイル」はどのくらい貯まるのでしょうか。

 

ANAの場合

国際線フライトマイル = ご搭乗の区間基本マイレージ × 予約クラスごとの積算率 

路線(片道) マイル
150% 125% 100%
(区間基本マイル)
70% 50% 30%
ニューヨーク 10,084 8,403 6,723 4,706 3,361 2,016
ホノルル 5,746 4,788 3,831 2,681 1,915 1,149

 

予約クラスによって、積算率が異なりますが、通常のエコノミークラス(区間基本マイル100%)だと、片道3,831マイル×2=7,662 

つまり、ハワイ往復一回でもらえるフライトマイルは、7,662マイルとなります。

通常の航空券は、東京ーホノルル間で往復90,000円ぐらいですので、90,000円の航空券代を支払って、7662マイル獲得したということ。

 

 

では、今度は、貯めたマイルで無料の飛行機に乗る航空券「特典航空券」だと、何マイル必要でしょうか。

必要マイル数は、出発地・目的地と、シーズン、搭乗クラスによって異なります。

【シーズン】 L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)

L
2018年 1/8~2/28、4/1~4/25、5/8~5/31
2019年 1/7~2/28、4/1~4/25、5/8~5/31
2020年 1/6~2/29
R
2018年 3/1~3/31、6/1~7/26、8/21~12/20
2019年 3/1~3/31、6/1~7/24、8/20~12/17
2020年 3/1~3/31
H
2018年 1/1~1/7、4/26~5/7、7/27~8/20、12/21~12/31
2019年 1/1~1/6、4/26~5/7、7/25~8/19、12/18~12/31
2020年 1/1~1/5

 

【利用クラス】 Y(エコノミークラス)、C(ビジネスクラス)、F(ファーストクラス)

発着地 利用
クラス
目的地
ハワイ 北米 欧州
L R H L R H L R H
日本 Y 35,000 40,000 43,000 40,000 50,000 55,000 45,000 55,000 60,000
C 60,000 65,000 68,000 75,000 85,000 90,000 80,000 90,000 95,000
F 150,000 150,000 165,000 165,000 165,000 180,000

 

R(レギュラーシーズン)にY(エコノミークラス)で行く場合、必要マイル数は40,000マイルとなります。

つまり、通常の航空券90,000円に対して40,000マイルなので、この場合のマイルの価値は、1マイル=2.25円。

これはかなりお得!

 

CAマイル得子さん

ここで注意です!

特典航空券での渡航は、フライトマイルは付きません。

当然といえば当然ですよね。貯まったマイルで交換できるのが無料の航空券「特典航空券」ですから、さすがにここには付かないですよね。

また、特典航空券の場合、マイルの不足分を、現金やクレジットカード払いで補う事はできませんので、ご注意ください。

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

人気過ぎて特典航空券が取りにくいのが難点

40,000マイルなら、頑張れば貯められないマイル数ではありません。むしろ、1マイル=2.25円となれば、貯めよう!とやる気になりますよね。

しかし、一つ残念なお知らせがあります。

それは、ハワイの特典航空券は人気があり過ぎて、取り難いということ。

 

国際線の特典航空券は一年前から予約が可能なため、欲しい人たちは一年前から予定を立てて狙っているんです。

でも、なかなかそんなのは難しいですよね。仕事だってあるし、家族や友達、パートナーの都合だって分からないし。

 

そんな時は、SKYコインをオススメします。マイルをこのANAの電子クーポンと交換すれば、金券として通常の航空券の購入ができます。

その方法については、こちらをご参照下さい。

⇒ 家族4人の沖縄旅行をANAマイルで行くには、陸マイラーになるべし!

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

まとめ

もし、あなたがJALマイルも貯めている方なら、ハワイの特典航空券のチャンスが広がります。

一般的に、ANAマイルを貯めている人の方が多いため、JALの方が特典航空券を取りやすいのですが、ハワイとなるとJALが抱えている座席数が多いらしく、予約が空いていたりするのです。

 

でも、ANAマイルのみの人も諦めずに、キャンセル待ちを狙ってみて下さい。

なにせ一年前に獲得している人ばかりなので、直前になると案外キャンセルがでるんですよ!

 

ハワイは、一度行った人はまた行きたく、行ったことがない人には、いつか行きたいと思わせる魅力溢れる場所。

マイルを貯めて、是非その魅力を楽しんできてくださいね♫

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です