ANA・JALマイルの有効期限の対処法!復活できないなら失効前に延長を!

 

ANAもJALも、マイルには3年という有効期限あります。期限を過ぎると失効となり、復活することはできません。

そうなる前にマイルを交換したいところですが、マイルの使い方で一番お得な交換方法、特典航空券(無料の航空券)は人気の路線や繁忙期には、希望の便が取れないことも。

 

もし予約がとれなかった場合、また、有効期限内に旅行に行くことができない場合、仕方がないと諦めないでください!

有効期限が近づいたら、期限を延長できる方法にマイルを交換しましょう!

 

マイルの使い方は特典航空券だけではありません。通常の航空券を購入できる電子クーポンに交換することもできます。

それが、ANAは「SKYコイン」、JALは「eJALポイント」

 

その他にも、交換できる様々なものがありますが、この2つのクーポンは、お得で、なおかつ期限が延長もしくは実質無期限にすることが可能です。

また最後に、マイルを貯める最強のカードとして、マイルを無期限にできるアメックスのクレジットカードをおすすめしたいと思います。

 

それでは今回は、どのように失効を免れるのかを、ANAマイルとJALマイルそれぞれの利用方法をご紹介いたします。

 

ANAもJALもマイルの有効期限が迫ったら延長か失効!?それとも復活?

 

マイルを貯める上で、ANAもJALもマイルの有効期限は要注意です。普段あまり旅行に行かない場合、気づいたら有効期限が近づいてて、いつのまにか失効?!なんてことも。

失効したら復活することはできないので、先に手を打ちましょう!

 

結論からいいますと、マイルとして延長することはできません。

だた、マイルは無料の航空券に交換だけが使い方ではないので、他の交換先を利用すれば、有効活用でき、まだまだお得に楽しむことが可能なんですよ。

 

ANAの場合~マイルの有効期限がくる前の延長方法!裏ワザで復活?

 

まず、一番簡単なANAマイルの延長方法から

ANAは一旦クレジットカードポイントになり、それを手動でANAマイルに移行することができるので、クレジットカードポイントの有効期限まで、そのまま保存しておくことができるんですね。

 

ですので、クレジットカードポイントの有効期限が近づいたらマイルに交換すれば、マイルの有効期限の3年より長く維持できるということに。

ANAカードのクレジットカードポイントの期限は、1~3年。

 

つまり、ANAマイルの3年期間も入れたら、最大4年~6年の期限に延長することが可能。

ただし、クレジットカードからマイルへ移行する方法を自動移行にしてしまうと、この方法は効かないので、設定がちゃんと都度移行になっているかを確認しましょう。
 

ANA は『SKYコイン』への交換を考えてみよう!

続いて、マイルを有効活用できる方法として、ANAマイルの有効期限が近づいたら、「SKYコイン」への交換を考えてみて下さい。

SKYコインは、ANAのホームページで航空券や旅行商品の支払いに利用できる電子クーポン。

 

【SKYコインで利用できる航空券と商品】

  • ANA国内線航空券
  • ANA国際線航空券

 

◆ANA SKY WEB TOURで販売する国内旅行商品

  • ANAスカイホリデー(国内パッケージツアー)
  • ANAダイナミックパッケージ旅作(航空券+宿)
  • ANAマイレージクラブ会員限定ツアー
  • WEB限定ツアー

 

◆ANA SKY WEBで販売する海外旅行商品

  • ANA ワンダー アース(海外パッケージツアー)
  • ANAハローツアー(海外パッケージツアー)
  • 航空券+宿泊「ANA旅作」
  • ANAマイレージクラブ会員限定ツアー
  • WEB限定ツアー 

 

SKYコインで購入できる航空券は、通常の航空券です。

前述のとおり、無料の航空券(特典航空券)は希望の便が取れない場合があります。特典航空券の座席数は1便の中で限られており、人気の都市や繁忙期などは争奪戦になることも。

 

その場合このSKYコインがあれば、通常の航空券の座席が空いてさえいれば購入できます。しかもフライトマイルも貯まりますよ私は実際にこれで助かったことがあり、このクーポンの有難さが身に染みました。

 

また、その他のツアーも航空会社のオリジナルツアーですので、一般的なツアーよりもお得な内容となっており、特にもともと航空券だけの旅行では不安な方には、航空券+ホテルのパック「旅作」は人気。

⇒ マイルで旅行をお得に行こう!ANAマイルで旅行するには旅作がおすすめ!

 

◆ 1SKYコイン=1円  1マイルからANA SKY コインに交換が可能。

1マイルから交換できるので、マイルの端数だったり、少額で残ってしまったものも、無駄なくマイルを利用できますね。

 

10,000マイル以上交換する場合は、その交換マイル数とANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードの種類に応じて、交換率がUP!その差は1.2倍~1.7倍にもなります。
 
※ANAマイレージクラブの会員ステイタスとは・・・ANA搭乗の実績にあわせたプレミアムメンバー「ブロンズサービス」「プラチナサービス」「ダイヤモンドサービス」

 

 

◆例えば「東京-沖縄」へ特典航空券で行こうと計画したが、希望の便の空席がなかった場合

→  特典航空券  往復:必要マイル数18,000マイル 

→ 通常の航空券 往復:32,000円ぐらい~

 

  ※上記表より、ANAカード会員(ワイド)・(一般)を持っていたら
 
①  10,000 マイル →交換倍率 1.2倍→12,000 コイン 
 
②    8,000マイル →交換倍率  1倍 →  8,000 コイン

     ①+②   = 交換後コイン数合計 20,000 コイン

 

通常の航空券 32,000円-20,000コイン(20,000円)=10,000円 

 10,000円を追加すれば、希望の便に乗ることができる。

 

もちろん、特典航空券を取得できる方がお得ではあるのですが、SKYコインでしかできないこともあります。

特典航空券はマイルが不足していた場合、不足分を現金などで支払うことができないが、SKYコインで購入するのは通常の航空券のため、不足分はクレジットカードで支払いができるので、航空券代を補うものとして利用が可能となりますよ。

 

【ANA SKY コインの有効期間】

マイルからSKYコインに交換した場合、有効期限は交換月より12ヶ月目の末日までになります。(例:4月1日発行→翌年4月30日まで有効)有効期限を過ぎると無効。

また、ANA SKY コインの有効期限内に航空券を購入した場合、航空券はそれぞれの有効期限内で利用できます。

 

つまり、マイルをSKYコインに交換したら、約1年間は期限が延びるということ。

ですので、ANAマイルの有効期限が近づいたけど使う予定がない場合は、このSKYコインに交換して、1年以内の旅行を企画してみるのがおすすめの使い方です。

 

CAマイル得子さん

もう1つお得情報を!

特典航空券は燃油サーチャージは別途かかり、マイルは使用できないため現金で別途支払いが必要となります。

でもこのSKYコインは燃油サーチャージの支払いが可能なので、航空券と一緒に支払いをすれば、旅行代の予算もたてやすくなりますよ。 

※ただし、特典航空券と併用は不可

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

とにかく先に特典航空券を取ってしまうのも有り!

SKYコインをおすすめしましたが、実際には特典航空券の方がお得になる場合も多いので、あくまで一番お得な使い方である、特典航空券で利用したいという方もいると思います。

その場合、または、国際線の必要マイル数が貯まっている場合、まずは、行きたい路線を決めて、特典航空券をとってしまいましょう。

 

例えば、国際線特典航空券なら、発券から1年以内に旅行を開始することが必要ですが、申込み開始日に交換すれば、ほぼ1年間の猶予があるということ。

それまでに調整を付けて旅行計画をたて、日程が決定したら、搭乗便や日付を変更をすればOK (ただし、ご搭乗者名・区間・クラス・経路の変更は不可)
 
 

 最悪、航空券の有効期間満了日より30日以内なら払い戻しができ、払戻手数料(1名3,000マイル)マイル分を差し引いたうえでマイルが戻ってくるので、なんとかなるかなと。

これが、一番ANAマイルをお得に延長できる方法です。

※払い戻しの時点で有効期限が切れているマイルは払い戻しができません。

 

マイルとして復活可能?ソラチカを使った裏ワザもあり!

ANAマイルには、もう一つマイルの有効期限を延長する裏ワザがあります。良かったら、こちらをご覧ください。

 ⇒ ANAマイル有効期限は延長できる?期限間近のマイルを有効活用する方法!

 

JALの場合~マイルの有効期限が迫ったら、無期限にできる方法

 

JALマイルの場合、ANAと違って、JALカードのクレジットカードポイントはそのまま直接マイルとなるため、その前にクレジットカードのポイントとして保留しておくという事ができません。

しかし、eJALポイントに交換してしまえば、有効期限がなくなります!

 

ANAのSKYコインは1年の有効期限がありましたが、JALのeJALポイントは、使い方によって無期限にできるんです。

 

『eJALポイント』はJALマイルの強い味方!

JALの場合、有効期限が近づいたら一番のおすすめは、「eJALポイント」への交換です。

eJALポイントは、JALホームページでの航空券・ツアー購入に利用できるポイント。

 

【eJALポイントで利用できる航空券と商品】

  • JAL国内線航空券
  • JAL国際線航空券
  • 国内ツアー
  • 海外ツアー
  • JALダイナミックパッケージ(国内)※JAL海外ダイナミックパッケージは不可
  • マイルツアー(現在国内のみ)

 

eJALポイントもANAのSKYコインと同じで、購入できる航空券は、通常の航空券です。

そのため、無料の航空券(特典航空券)は希望の便が取れない場合、このeJALポイントがあれば、通常の航空券の座席が空いていれば購入できます。

フライトマイルも貯まります。

 

1ポイント=1円相当

 

【交換に必要なマイル数】10,000マイル~交換するのが断然お得です!
 
5,000マイル=5,000ポイント(5,000円相当)
 
10,000マイル=15,000ポイント(15,000円相当)※10,000マイルからの交換なら1.5倍に

 

【3,000マイル単位で交換できるキャンペーンを実施中!】

期間:2019年3月31日まで

JALカード会員の方なら、3,000マイル=3,000ポイント(3,000円相当)から、3,000マイル単位で交換できます。

 

<strong>【eJALポイントの有効期限】</strong>

マイルから交換を行った日の1年後の同月末までで、残高の全てが最新に更新されます。

つまり交換するたびに有効期間ものびるということ!

 

 

これは、有効期限が近づいて切れそうになったマイルは、e JALポイントに交換をすれば、無期限になって有効活用できるということ。

ANAのSKYコインは1年という期限があるので、交換してもその期限内に使用しなければならないのですが、JALの場合、eJALポイントのこのメリットは、かなりお得な利用方法となりますね。

 

CAマイル得子さん

eJALポイントを使えます!

ANAのSKYコインと同様に、特典航空券は燃油サーチャージは別途かかり、マイルは使用できないため現金で別途支払いが必要となります。

でもJALも、eJALポイントは燃油サーチャージの支払いが可能なので、航空券と一緒に支払ができますよ!

※ただし、特典航空券と併用は不可

 

【払戻し】

2017年11月16日より、e JALポイントでお支払いいただいた金額は、航空券取消時に払い戻しができるようになりました!。(2017年11月15日以前に使用したe JALポイントは払い戻しできません。)ただし、e JALポイントが未使用であってもマイル口座へ戻すこと、ほかの特典に交換することはできません。

 

CAマイル得子さん

ここで注意です!
 
間違えやすいのが「JALクーポン」
 
これは紙のクーポンで、JAL国内線・国際線、JALパック、ホテル宿泊、提携温泉旅館、成田・羽田空港の免税店で使える、幅広い利便性があるクーポンです。
 
◆JALクーポン 10,000マイル=12,000円分 ※こちらは有効期限ありで延長なしです。(13ヶ月)

 

とにかく先に特典航空券を取ってしまえ!が、JALはできなくなったので注意!

ANAではおすすめした、下記の有効期限が間近のマイルの活用法が、2018年12月よりJALの国際線ではできなくなりました。

行きたい路線を決めて、特典航空券をとってしまいましょう。

例えば、国際線特典航空券なら、発券から1年以内に旅行を開始することが必要ですが、申込み開始日に交換すれば、ほぼ1年間の猶予があるということ。

それまでに調整を付けて旅行計画をたて、日程が決定したら、搭乗便や日付を変更をすればOK (ただし、ご搭乗者名・区間・クラス・経路の変更は不可)

 

国際線の特典航空券の予約の運用が一部変更があり、取得した特典航空券の変更が全くできなくなってしまったのです。予約を変更する場合は、手配済みの特典航空券を取り消し・払い戻しのうえ、新たに希望の便を再予約。

ですので、その際は払戻の手数料、3,100円(税込)が必要です。

 

ただ、国内線はANAと同じように、日付や便・クラスの変更ができます。

※搭乗者・区間(出発地・到着地)・区間数などを変更することはできません。

 

使い方でマイルの有効期限をナシに!~アメックスカードを利用する方法

 

マイルの有効期限を無期限にできるカードがあります。
 
『SPGアメックス』 スターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレス・カード

SPGアメックスカード
 

高級ホテルグループとアメックスの提携したこのカードは、ANAカードでもJALカードでもないのですが、マイルを貯める人にとっては、かなりお得なカードなんです。
 
数あるお得の中の1つが、カードのショッピングポイントを、JALマイルもANAマイルを初め、世界各国の航空会社40社のマイルに交換ができるんです。

 

そして、そのポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した日から1年間なので、1年以内に1回利用すれば、カードポイントの有効期限は実質無期限ということ!
 
 
 
ということは、このカード内にポイントを貯めておき、好きな時にマイルに交換すればOK!しかもANAマイルでもJALマイルでも!

日本で使いやすいとされる、ユナイテッド航空もデルタ航空のマイルにも交換が可能ですよ。

※ただし、各マイレージプログラムの登録が別途必要

 

SPGアメックスについての詳細は、こちらをご参照くださいね。
 
⇒ 陸マイラーが持つべきカードとは?最強カード必須の1枚!【2019年】

 

まとめ

私の友人で、マイルを貯めている陸マイラーさんは、年に数回、マイルを特典航空券に交換して旅行に行きます。その友人の場合、マイルの有効期限切れを考えたことがないそうです。

 

そうなんです。頻繁にマイルを利用していれば、あまり有効期限は気にしなくても大丈夫ですが、初心者や1年に1回の旅行にしか利用しない人は、マイルの期限状況に気をつけたほうが良いですよ。

もしマイルの有効期限を一度もチェックしたことがない方は、できれば早めに確認してみることを、おすすめします!

 

失効してしまうは絶対にもったいないので、是非、ご紹介した方法を試してみて下さいね。

さぁ!マイルを貯めて、ワクワクする旅に出ましょう♫

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です