【マイルの有効期限】ANAマイルが期限間近に?延長と有効活用の裏ワザ!

 

マイルの有効期限は3年。マイルになった月から数えて36ヵ月後の月末まで有効です。ANAマイルの場合、これを5年~6年まで延長させることができます。

それは、あるカードを使って、期限間近のANAマイルを別のところへ移し、また戻す方法。

 

少々手間ではありますが、せっかく貯めたマイルが失効してしまうのは、とってももったいないので、こんな方法があるのだと知っていれば、安心ですよ。

今回は、ANAマイルの特徴をいかして、有効期限間近になった場合の対策と、ANAマイルにする時期を調整して有効活用する対策をお伝えします。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

マイルの有効期限を延長する裏ワザ!ANAマイルが期限間近になったら、これで有効活用しよう!

 

まず、先にお伝えしますと、マイル自体の有効期限を延長することはできません。

 

では、何ができるのかというと、ANAマイルの特徴を活かして、有効活用し実質延長することができるのです。有効間近となったマイルがあれば、是非参考にしてみてくださいね。

 

ANAマイルの有効期限は『ソラチカカード』を使って戻すと延長できる?

ANAマイルを貯めるのに必須といわれている、『 ANA To Me CARD PASMO JCB 』 通称「ソラチカカード」

 
このカードポイントは2つ貯まります。

  • JCBのポイント「Oki Dokiポイント」→ 日常のショッピングから貯まるポイント
  • 東京メトロ「メトロポイント」→ PASMOなど東京メトロを利用すると貯まるポイント

 

このうちの「メトロポイント」をANAマイルへ交換すると、90%という高い還元率で交換ができます。

◆ 10,000メトロポイント⇒  9,000 ANAマイル (マイルへの移行手数料は無料)

 

この90%という還元率は、このソラチカカードのみです。メトロポイントを貯められるカードは他にもあり、ANAマイルに交換ができますが、これだけ高くマイルを維持しながら交換できるカードは、今のところありません。

 

この特徴を利用して、ANAマイルの期限を実質延長させることができるのです。

有効期限が近づいたANAマイルを、まずこのソラチカカードの「メトロポイント」に交換しましょう。

 

ANAマイルからメトロポイントへは100%で移行。
 
◆10,000 ANAマイル ⇒ 10,000メトロポイント (移行手数料は無料)

 

つまり、一旦メトロポイントにしておいて、必要になったらANAマイルに戻すのです。ただその場合、気を付けなければならないのが、メトロポイントにも有効期限があること。

メトロポイントの有効期は最長2年

 

例えば・・・
 
① 有効期限が近付いているANAマイルが10,000マイルある。でもすぐに旅行に行く予定はない。という場合。
 
10,000 ANAマイル  (メトロポイントへ) →  10,000メトロポイント (交換率100%)

 
② 旅行の計画を練って、マイルが必要となった場合。(2年以内)
 
10,000メトロポイント (ANAマイル) →  9,000メトロポイント(交換率90%) 

 

マイルを少しでも長く保持するためには、ANAマイルへの移行する時期を調整して、できるだけメトロポイントに残しておき、2年の期限切れの頃にANAマイルへ移行する方法です。

マイルの有効期限はマイルに交換してから始るので、新たに3年の有効期限が始まります。つまり、2年と3年で実質5年。

 

これは絶対にお得です!
 
最初にあったマイルより90%減ってしまいますが、マイルとして利用したいのなら、この方法はとっても効果的。

 

マイルにも旅行にも興味がない人にとっては、なぜそんな面倒な事を!?しかも減ってるし!?って思うかもしてませんが、マイルがどれだけお得になるかを知っている旅好きにとっては、これはかなりのお得な裏ワザですよ。

 

マイルが貯まるおすすめのカードランキングはこちら!

⇒ マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

【もう1つの裏ワザ】ANAマイルに移行する設定を手動にしましょう!

ソラチカカード以外のクレジットカードを利用している場合、そもそもクレジットカードポイントから、ANAマイルへ移行するタイミングを自動ではなく、手動にすることで有効期限を調整することができます。

 

ANAマイルは、クレジットカードを利用して得るショッピングポイントは、一旦そのクレジットカードのポイントとして保管され、それをANAマイルに移行することで、ANAマイルの有効期限のカウントが開始します。

 

つまり、クレジットカードポイントの有効期限までそのまま保存しておき、有効期限が近付いたらマイルに交換すれば良いということ。

 

上記の流れを調整すれば、最大4年~6年の期限にすることができるのです。

 
ちなみにJALマイルは、ショッピングポイントがそのままマイルになるので、ポイント移行する手間は省けるのですが、同時に有効期限までのカウントが始まってしまうので、ANAだけの有効期限対策ですね。

 

CAマイル得子さん
 
ここで注意です!
 
この操作はクレジットカード側の設定が必要です。移行の設定が「自動移行」か「都度移行」かを選べますが、「自動移行」の場合は、毎月自動でマイルに移行され、そのまま自動的にマイルとなってしまうので要注意ですよ。
 
マイルの有効期限を長くしたいと思ったら、「都度移行」になっているかどうかを確認してみてくださいね。
 

 

ソラチカカードについてもっと詳しくこちらでご紹介しております。良かったらご参照ください。

⇒ 陸マイラー初心者に勧める2019年クレジットカード!メインカード2枚

 

ソラチカカードの入会はキャンペーンと「紹介」がマイルが貯まってお得!

入会キャンペーン

入会して条件を達成すれば、今なら最大18,700マイルが!

また、似たような名称のカードもあるので、ご注意ください。

ソラチカカードは『ANA To Me CARD PASMO JCB』 です。

↖こちらをクリック

 

と、ここまでは誰でももらえるポイントですが、あと500マイルを追加することができますよ!

ANAの<マイ友プログラム> ※初めてANAカードを申込む方のみ対象

ANAカードを持っている人から紹介があると、入会時に500~2,000マイルが付くというもの

ソラチカカードなら500マイル追加でもらえますよ!

ご友人にANAカードをお持ちの方がいらっしゃいましたら、この特典を絶対に利用されることをおすすめします。

 

★周りにANAカードを持っている方がいない場合

このサイトをご覧の方に、私よりご紹介させて頂きます。

 

ご希望の方は、必ずカード申込前に「お問い合わせ」にて ”ソラチカカード申込希望” の旨をご記入の上、ご依頼ください。

速やかにご対応させて頂きます。

なお、メールアドレスは、返信以外の用途には利用しないことをお約束いたします。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

まとめ

ANAマイルの場合、この有効期限の延長対策ができるので、3年以内にマイルを使って旅行に行けそうもない方は、ANAマイルを貯める方がお得かもしれませんね。

確かに手間ではあるのですが、せっかく貯めたマイルがなくなってしまうより、有効活用した方が絶対良いです!

 

是非マイルを使って、楽しい旅の計画を練って下さいね。そして1回利用すれば、きっとその魅力に感動することになると思います。

さぁ!マイルを貯めて、ワクワクする旅に出ましょう♫

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です