5万マイルあればANAならどこまで行ける?倍の10万マイルの使い道は?

 

5万マイル、ANAマイルが貯まったらどこまで行けると思いますか?

国内線ならどこでも行けます!国際線もほとんどの国に行けます!ではもっと貯めて、10万マイル貯めたとして、その使い道は?

ワンランク上のビジネスクラスの旅を堪能してください!

 

マイルを貯め始めて、クレジットカードの決算とポイントサイトを使って貯めれば、5万マイル貯めることは、そう難しいことではありません。その気になれば1年で貯めることも。

今回は人気のANAマイルが5万マイル、10万マイル貯まった時、どこまで行けるのか?その使い道を皆さんに知って頂きたいと思います。

ちょっと想像して、脳内Tripを楽しんでみて下さいね。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

5万マイルでANAどこまで行ける?10万マイルまでの使い道~国内線

 

マイルの価値は、1マイル=1.5円~14円。その幅の中で、国内線は、1マイル=1.5円~2円ぐらい。

冒頭でもお話ししましたが、国内旅行の場合、ANAマイルが5万マイルもあればどこまでも行けます。しかも2人分の旅行代に。また、10万マイルもあったら、その使い道はもっと広がり、4人の家族旅行も楽しめますよ。

 

国内旅行で一番人気の「沖縄」を例にしてみましょう。ANAはシーズンごとに必要マイル数が異なります。閑散期と通常期と繁忙期。

以下のシーズンは繁忙期のマイル数。つまりお正月やお盆、GWなど、日本中で一番人が行き来する時期なので、それ以外の日程はもっとマイル数が少なくてOKと捉えて下さい。

If 50,000 miles, how far can ANA go? How much is 100,000 miles?

5万マイルあれば、お盆休みのトップシーズンに2人で沖縄旅行へ!10万マイルあれば、夏休みに家族4人で沖縄旅行に!

 

一番人気の沖縄を目安にはしましたが、これは夢ではなく、私の友人で実際にマイルを貯めている、お子さん2人いる方が夏休みの家族旅行で利用されているんです。何でも、この時はホテルを少しランクアップしたそうです!

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

5万マイルでANAどこまで行ける?10万マイルまでの使い道~国際線

 

国際線の場合、5万マイル~10万マイルあれば、是非ビジネスクラスでの旅をおススメします。

国際線は、エコノミークラスだと、1マイル=2円以上、ビジネスクラスだど、国内線は、1マイル=7円ぐらい。

 

マイルの価値はハイクラスになるほど、高くなるので、マイルを使って無料の航空「特典航空券」に交換するなら、断然ビジネスクラスがお得です。

以下は、エコノミークラス(Y)と、ビジネスクラス(C)の必要マイル数ですが、いかがでしょう。行きたい国、都市はありますでしょうか。

 

【シーズン】 L(閑散期)、R(通常期)、H(繁忙期)

 

  • 5万マイルあれば・・・一人旅なら、アメリカやオーストラリアへに旅が楽しめますし、二人旅なら、韓国や中国、台湾、香港へのんびりと
  • 10万マイルあれば・・・一人旅なら、上記の都市は全てビジネスクラスで行けますし、二人旅ならハワイへ行けます。

 

ビジネスクラスだとこんなにも違うサービス!

①専用のチェックインカウンター

エコノミークラスは、チェックインに並ぶため、早めに空港に行かなきゃとか思いませんか。ちょっと遅れると長蛇の列になってたりしますよね。でも、ビジネスクラスは専用のチェックインカウンターがあるので、サラッと手続きが終わります。

 

②空港の航空会社ラウンジ

空港には2種類のラウンジがあります。ゴールドカードを持っているとはいれる「カードラウンジ」もう一つが、ビジネスクラス以上のクラスが入れる「空港ラウンジ」実は全然違うんです。

「空港ラウンジは」はまさに豪華!ビュッフェにドリンクバー、アルコール、シャワーにwifiが整ったビジネスルームなどなど。ここに入れる人は、早めに空港に行ってのんびり過ごす方も多いそうです。

 

③機内の座席がゆとりあるビジネスシート

目で見て分かる通り、ビジネスクラス以上のクラスは、座席が全然違いますよね。最近では、ビジネスクラスでもフルフラットシートになる可こともあり、ベッドのように180度フラットな状態にまでできます。

 

④圧倒的なのが機内食の差

エコノミークラスだと。、プラスチックのケースにワンプレートになった食事ですが、ビジネスクラス以上は、お皿ででます。ちょっとしたこコース料理のように。しかも、美味しいんですから、これを楽しみに乗る人がいるのも分かりますよね。

 

⑤荷物の扱い違いも大きい

エコノミークラスとビジネスクラスでは、預け入れ荷物の重量に差があります。ビジネスは32キロのを2個までオッケOKエコノミーだと、25キロの荷物2個です。

 

それから、手荷物受け取りの優先サービス。スーツケースにタグが付けられ、タグが付いてる荷物は、空港で優先的に早く荷物出てきます。

つまり、空港から出る時に時間のかかる、預け入れ荷物をあまりまたずに受け取れるということ。

 

 

CAマイル得子さん

ここで注目!

ANAカードのゴールドカードを持っていると、エコノミークラスに搭乗でも、チェックインカウンターはビジネスカウンターを利用することができますよ! ただし、豪華の空港ラウンジではなく、カードラウンジの方です。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

まとめ 

マイルを5万マイルを貯めると、何に使えるのか、ワクワクしますよね。このマイルがどのくらいの価値があるのかを知っていると知らないとでは、そのお得に対する意識も変わってきますから、重要です。

マイルは案外簡単に貯まります。マイルを貯めて旅にでましょう♬

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です