マイルでハワイに行く方法! ANAとJALマイルで行くならどっち?比較JAL編

 

もし、ANAマイルもJALマイルも貯めているのなら、マイルでハワイに行くなら、JALマイルで行くことをおすすめします。

答えは単純。JALの方が特典航空券を取りやすいから。

 

特典航空券とは、マイルで交換できる無料の航空券のこと。この航空券が欲しくてみんなマイルを貯めるわけですが、残念ながら座席数に限りがあるのです。

各便に何席だけと専用に用意されているので、たとえ通常の航空券の座席が空いていても、マイルの特典航空券では利用できないことに。

 

言わずもがなですが、ハワイの人気は不動です!

そうですよね、ハワイは誰もが楽しめる楽園。癒しと遊びのオアシスは、いつまでも私たちの心を魅了する不思議な場所。

 

その人気のハワイ便は、なぜJALの方が取りやすいのか。でも、ANAマイルでもハワイへ行く方法はあります!

ということで今回は、マイルでハワイに行く方法をANAとJALで比較していきますが、今回はJAL編としてご紹介いたします。

 

 ANA編も併せてご参照ください。

  ⇒ マイルでハワイに行く方法! ANAとJALマイルで行くならどっち?比較ANA編

 

マイルでハワイに行く方法! ANAorJALマイルで比較~JALの場合

 

マイルでハワイに行く方法はいたって簡単です。ANAもJALも無料の航空券「特典航空券」に交換するだけ。ただ問題なのは、予約が取りにくいということ。

 

前述したとおり、限られてた座席数の中だけで比較をしたら、ハワイに行くならJALマイルで!とおすすめしますが、もちろんANAでもハワイは行けます。

マイルを貯めている人は必ずしも両方を貯めていないので、ANAマイルを貯めいる方のハワイへ行く方法もお伝えしていきますね。

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

JALマイルでハワイへ行こう!

「マイルでハワイへ行くならJALで」というのは、飛行機に乗らずにマイルを貯める ”陸マイラー” がよく言うこと。

主な理由として

  1.  ANAマイルを貯めている人が多いから、ANAは特典航空券の倍率が高くなっている。
  2. JALの方が対象のハワイ便が多い。

 

1.の理由は、ANAマイルの方が貯めやすいという理由から、陸マイラーさんにANAの方が人気があるので、必然ですよね。

そして2.の方ですが、これまでは単純にJAL便の方が多いからなんですが、今後はもっと便が増えるであろうと言わている理由が、JALの提携航空会社として「ハワイアン航空」が加入し2018年10月1日から予約が開始したこと。

 

JAL便とハワイアン航空だけでなく、アメリカ系の航空会社の就航便も利用できるので、JALはハワイへ行く手段が多いことになります。

では、どのくらいのマイルでハワイに行けるのかを見ていきましょう。

 

まずはJAL便 エコノミークラスで、40,000マイル 

JALマイルの素晴らしいところは、季節(シーズン)によってマイル数が増加しないこと。普通に考えると、繁忙期(お盆やお正月)はマイル数がアップしてもおかしくないのですよね。ここは本当に素晴らしくお得!

 

注目して頂きたいので、「JALカード割引」の欄。これは、JALカード会員にだけの特典割引で、1,000マイル引きになるんです。

各路線で割引期間が決まっているのですが、直近のハワイ路線はこちら。

 

◆JALカード割引:ハワイ

期間:2018年12月1日~2019年2月28日(搭乗日)マイル:40,000マイル → 39,000マイル

  ※2018年12月7日~2018年12月11日、2018年12月21日~2019年1月11日は利用不可

 

もう一つJALだけの特典として、「ファーストクラス、ビジネスクラスを対象とした曜日限定特典」があります。

その名の通り、ファーストクラス、ビジネスクラスが指定の曜日の便にだと割引ますよ~という、ちょっと変わった割引ですが、マイルが多めに貯まっていて、スケジュールがあいそうなら、是非考えてみて下さいね。

 

マイルでビジネスクラスに乗るのは、マイルるの価値も上がるし、お得度合いが全然違うので、一層楽しい旅になりますよ。

◆ファーストクラス、ビジネスクラスを対象とした曜日限定特典:ハワイ

期間:2018年4月1日~2019年3月31日(搭乗日) 曜日:火・水・木・金

マイル(ビジネスクラスのみ):80,000マイル →70,000マイル 

 

JALの提携航空会社を使ってマイルでハワイへ行こう!

前述したハワイアン航空だけでなく、JALと提携を結んでいる航空会社にも、マイルを交換して特典航空券が利用できます。しかし、少々残念なことに、必要マイル数が上がるんです。

JALホームページより

2018年11月20日 9:00(日本時間)より、JMB提携航空会社特典航空券交換時の必要マイル数が変更になります。

 

対象路線例

  • 京(羽田・成田)/札幌(新千歳)-ホノルル-カウアイ島(リフエ)
  • 東京(羽田・成田)/札幌(新千歳)-ホノルル-マウイ島(カフルイ)

◆エコノミークラス 2018年11月19日まで:39,000マイル→ 2018年11月20日から 45,000マイル

◆ビジネスクラス  2018年11月19日まで:63,000マイル→ 2018年11月20日から 80,000マイル

 

  • 大阪(関西)/名古屋-ホノルル-カウアイ島(リフエ)
  • 大阪(関西)/名古屋-ホノルル-マウイ島(カフルイ)

エコノミークラス 2018年11月19日まで:40,000マイル→ 2018年11月20日から 47,000マイル

◆ビジネスクラス  2018年11月19日まで:65,000マイル→ 2018年11月20日から 85,000マイル

 

ご覧のように、提携航空会社の方が、マイル数が高い!多く必要となってしますのでが、ここでプラスに考えて頂きたいので、ハワイに行きたくて特典航空券をチェックしたら、すでに予約がいっぱい。でもそんな時は、選択肢があることを思い出して下さい。

 

JAL便がダメなら、ハワイアン航空、もしかしたらその他の提携航空会社なら空いているかも!と思って探してみることをおすすめします。

 ANA編も併せてご参照ください。

  ⇒ マイルでハワイに行く方法! ANAとJALマイルで行くならどっち?比較ANA編

 

まとめ

 

何度お伝えしてしましますが、JALマイルの素晴らしいところは、繁忙期でもマイル数がアップしないこと。そのため、ANAよりもJALの方がマイルは使いやすいといわれているんです。

 

今回はJALのみをお伝えしましたが、ANA編も合わせご覧頂き、参考にしてみて下さいね。

マイルを貯めて、楽園ハワイに行きましょう♬

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です