沖縄までマイルでいくら?ANAマイルを特典航空券に交換して沖縄へ!

 

沖縄を嫌いな人ってあまりいないんじゃないでしょうか。沖縄と聞いたら旅好きな方々は、ワクワクするのではないでしょうか。そう、沖縄本島も離島もとっても人気の旅行先。

では、その沖縄への旅行を、お得に行きたいと思いませんか?できるだけ現地でのホテルや遊びにお金をかけられたら、嬉しいですよね。

 

マイルがあればそれが叶えられます!マイルがあれば飛行機代が旅行予算からいらなくなるのです!

今回は、これからマイルを貯めようと思っている人、貯め始めたばかりの人に、沖縄までマイルがいくら貯まったら行けるのか、人気のANAマイルを無料の航空券、特典航空券に交換して沖縄へ行く方法をお伝えしますね。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

沖縄までANAマイルでいくら必要?特典航空券に交換した場合

 

沖縄までANAマイルでいくら?と考えた場合、先ずはマイルの価値が1マイル何円くらいなのかが気になりますよね。

1マイル=2円以上です。

これは、マイルと交換できる無料の航空券「特典航空券」に交換した場合です。

特典航空券は往復でも片道だけでも交換が可能

ANAの国内線の場合、片道5,000マイルから特典航空券に交換ができます。5,000マイルで交換できるのは「東京ー大阪」の片道分。

では沖縄までは?

 

ANAの場合、3つのシーズンによってマイル数が異なり、その区分は毎年微妙に変わります。

 

そして、各都市から沖縄への特典航空券に必要なマイル数はこちら。

 

一番少ないマイルで片道6,000マイル、一番多くて往復23,000マイルです。

◆ 例えば、10,000マイルあれば、全国どこでもローシーズン(閑散期)なら片道分がマイルで利用できることに。

 

◆ 例えば、レギュラーシーズンの「東京ー沖縄」は通常の航空券は往復で40,000円~70,000円ぐらいします。同区間をマイルを使用して特典航空券で行った場合、必要マイルは往復で18,000マイルなので、マイルの価値は1マイル=2.2円~3.8円となります。

 

トラベルコなどの「格安航空券とホテル」がセットになっているプランの方が安いのでは?、と思えるかもしれませんが、飛行機代をマイルで行けたら、その分ホテル代にゆとりがもてるので、格安パックでなくてもちょっと良い宿を選択することができますよね。

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

沖縄までの18,000マイルを貯める方法は?

例として出した「東京ー沖縄」の必要マイル18,000マイルは、どのくらいで貯まるのでしょうか。

いくつか方法がありますが、私が一番簡単だと思うのが、クレジットカードを利用することANAマイルを貯めるなら、ANAカードが一番貯めやすくオススメ。

 

100円=1ポイント(クレジットカードポイント)=1マイルの場合

【1年で貯まるマイル数】

① 毎月のクレジットカード決済額50,000円

 50,000円÷100=500ポイント 500ポイント×12か月=6,000マイル

② 毎月のクレジットカード決済額100,000円

 100,000円÷100=1,000ポイント 1,000ポイント×12か月=12,000マイル  

 

①は2年貯めれば、12,000マイル、3年貯めれば、18,000マイル → 3年で沖縄へ!

は1年半貯めれば、18,000マイル → 1年半で沖縄へ!

※ただしマイルの有効期限は3年です。

 

マイルを貯めるなら、とにかく可能な限り生活に関わる全てのものをクレジットカード払いにすること。
 
公共料金・携帯代・交通費、普段のスーパーでのお買いもの、百貨店やショッピングモールでのお買い物まで。できればコンビニの支払いもカード払いで利用してみて下さい。

 

私も以前は現金払い派だったので、クレジットカード払いに初めは抵抗があったのですが、マイルに詳しい方に教えて貰い徐々にクレジットカード払いを増やしていったところ、積もり積もって貯まり始めたのです。

クレジットカード払いに戸惑いがある方は、貯まることが実感できてから、少しずつでも変えていくと良いですよ!

 

沖縄までANAマイルでいくら必要?特典航空券以外に交換した場合

 

特典航空券以外にもマイルを交換して、沖縄に行く方法があります。それが「ANA SKYコイン」です。

ANA SKYコインは、ANAのホームページで航空券や旅行商品の支払いに利用できる、電子クーポン。

ここで重要なのが、航空券だけでなく、ホテル代やANAツアーの支払いにも使えるということしかもマイルは不足分を現金などで足すことはできないのですが、このSKYコインは旅行代金の一部の補填に利用できるので、不足分は別途追加できるのです。

 

1SKYコイン=1円
 
しかも、10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数と、ANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードの種類に応じて交換率がUP!
 
 
 

例えば、沖縄への特典航空券に必要な18,000マイルを、SKYコインへ交換する場合
 
 ※ANAカード会員(ワイド)・(一般)を持っていたら
 
 10,000 マイル →交換倍率 1.2倍→12,000 コイン 
 
+  8,000マイル →交換倍率  1倍 →  8,000 コイン 
 
 = 交換後コイン数合計 20,000 コイン
 
 
20,000円分を正規の航空券代から引いて支払いが可能に!
 

CAマイル得子さん

ここ注目です!

特典航空券は限定枚数分の席を確保され、それが埋まったらおしまいですが、通常の航空券は空いていれば、このSKYコインで購入ができるんです。なので、特典航空券の予約ができなかった場合にも利用できますよ

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

まとめ

マイルを貯める時、どのくらい貯まったらどこに行けるのかが分かると、貯めるのが楽しくなります。クレジットカード払いを上手に使って慣れてきたら、毎月のポイントをいつどうやってマイルに移行すればよいのかを、確認してみて下さいね。

マイルには有効期限がありますが、その特徴を活かして利用すれば、必ず旅好きさんの味方になります!

マイルを貯めて旅に出ましょう♬

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です