5万マイル交換して海外旅行どこまで行ける?ANA&JAL

5万マイルあったら、ハワイに行けます!

マイルの価値は、大体1マイル=1円。ハワイへの航空券は、安くても8万円ぐらい。

そう、こんなにもマイルで交換した旅行はお得。

 

もちろん、5万マイルもあれば、ANAでもJALでも海外旅行で行けるところは、たくさんありますよ。オーストラリアにも行けるし、ニューヨークにだって。

でも、5万マイルもなくても、行けるところはあります!韓国、台湾、グアム、タイ、シンガポールにインド。

 

マイルを貯め始めると、1万マイルくらいはあっという間に貯まりますが、そんな時、「これでどこまで行けるんだろう?」って思いますよね。

 

その気持ち分かりますとも!その脳内tripを楽しんでもらいたいので、今回は、5万マイルあったらどこまで行けるのか、人気の都市をピックアップしてご紹介いたします。

 

5万マイルあったら、海外旅行はどこまで行ける?

マイルを使って交換できる航空券 =「特典航空券」

この特典航空券は、それぞれ行先別に必要マイル数が決まっており、ANAもJALも大体同じようなマイル数で交換できるのですが、搭乗日(シーズン)・利用クラス(座席)によって区分けされております。

 

【シーズン】L(ローシーズン)・R(レギュラーシーズン)・H(ハイシーズン)

【利用クラス】Y(エコノミー)・C(ビジネスクラス)・F(ファーストクラス)

当然ですが、ハイシーズン(繁忙期)で座席がゴージャスになるほど、マイルが必要。世の常ですね。

CAマイル得子さん

ちなみに

JALはハイシーズンでも必要マイル数が上がらないんですよ!でも、ローシーズンは通常より少ないディスカウントマイルでご利用頂けます。

 

ここでは、一番オーソドックスな、レギュラーシーズンでエコノミークラスの必要マイル数を、目安として東京発着でまとめてみました。

それでは、5万マイルでどこまで行けるか!

 

15,000マイル

 

☆韓国

日本から気軽に行けるお隣の国。新幹線で国内旅行をするよりも、安く行けるなんて驚きですよね。

私の友人は、マイルの有効期限が近付いていたため、1泊2日の弾丸ツアーで行きました。ちょっと行ってくるなんて言って、気軽にショッピングも・グルメも楽しめちゃいます。

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

20,000マイル

 

☆グアム・台北・上海・香港・北京・大連・マニラなど

でました、常夏の島「グアム」

日本から約3時間半で常夏の島へ。時差は1時間だし、日本人スタッフも多くて日本人にはとっても過ごしやすい事この上なし。最低でも2泊3日あれば行けちゃうので、サラッと行ってきてください、南国へ!

 

そして、癒しの「台北」

人も優しく、文化遺産も多く、1回行くと何度でも行きたくなる街。人・食・文化・そしてマッサージと、トータルバランスの良さは、訪れた人の身も心も満たしてくれますよ。

 

35,000マイル

 

☆シンガポール・バンコク・ホーチミン・ハノイ・クアラルンプール・デリー・ジャカルタ・ヤンゴン・プノンペン

今、大注目の「シンガポール」

かつてシンボルと言われたマーライオンの近くには、有名なホテル、マリーナベイサンズが降臨。ホテルのライト&ウォーターショーは感動的と話題になり、今やすっかりシンガポールのシンボルです。

 

異国情緒あふれるベトナム「ハノイ・ホーチミン」

近年、急速に発展を遂げている東南アジアの諸国において、ベトナムはどこか懐かしいノスタルジックな国。物価も安く、人も穏やか、女子に人気のカワイイ雑貨があふれています。そして世界遺産が8個もあるその歴史ある風景も楽しめますよ。

 

40,000マイル

 

☆ハワイ

☆(JALのみ)シドニー・メルボルン・モスクワ

その存在が人々を癒す「ハワイ」

昔も今も変わらず人気のハワイ。特に近年、セミリタイアで移住される日本人も多く、その魅力は言葉では伝えられないですね。

だから、行きましょう!あなたを癒すのが、海なのか、不思議なスピリチュアルな世界なのか、はたまたショッピングなのか、パンケーキなのか。

 

日本人が住みやすい国オーストラリア「シドニー・メルボルン」

日本とは馴染みが深く、ワーキングホリデーをいち早く取り入れたり、交換留学が盛んだったり、学生時代に行ったことがあるという人が多いのがこの国。それだけ日本人には居心地が良いということですね。

シンボリックで都会的なシドニーだけでなく、芸術とレトロな雰囲気を楽しめるメルボルンもかなりオススメ!

 

45,000マイル

☆(ANA)シドニー

世界遺産のオペラハウスやハーバーブリッジを一望できるシドニー湾の美しさは、観光客だけでなく、現地の人々の誇りと言われています。

世界中のサーファーが絶賛する海のスケールの大きさと、古い建物の中にお洒落なカフェが混在する街並みは、旅人を十分に楽しませてくれますよ。

 

50,000マイル

 

☆(ANA)ロサンゼルス・サンフランシスコ・シアトル・サンノゼ・ワシントン・ニューヨーク・シカゴ・ヒューストン・バンクーバ・メキシコシティ

☆(JAL)サンディエゴ・サンフランシスコ・シカゴ・ニューヨーク・バンクーバ・ボストン・ロサンゼルス・ダラス

ANAとJALで若干違うところが面白いですが、THE アメリカとカナダ。

そうそうたる都市名が並んでいますが、言わずもがなですよね。ビジネスでも観光でも留学でも訪れたい、世界の人気大都市が50,000マイルで行けちゃいます。

 

おまけ

ANAとJALで若干必要マイル数が違うのが分かりました?どちらのマイルがお得かはこちらを参考にしてみて下さい

マイルで比較したらANAとJALどっちが人気?どっちが好き?違いを徹底解明!

まとめ

 

いかがでしたか。妄想、脳内tripはお楽しみ頂けましたでしょうか。

1マイル=1円だとしてもお得ですが、それ以上の価値があると私は思います。

 

旅行を計画しても、その旅費の大半は高額な航空券代。

でも現地で素敵なホテルにも泊まりたいし、買い物もたくさんしたいしと・・・その予算のやり繰りが悩ましい所。一番削ることができない飛行機代を、マイルならその悩みを消して、もっと旅を楽しくしてくれます。

だから是非、マイルで航空券をGetして、ちょっとリッチな旅を楽しんで下さいね。

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です