8万マイルでどこまで?海外へ家族旅行はANAマイル8万でどこまで?


8万マイルあったら
、どこまで行けるのか。実は、一人だったらどこにでも行けます。北米、南米、ヨーロッパ。ハワイにオーストラリアまで。それこそどこにでも。

ただ、海外への家族旅行のためにマイルを貯めている人も多いですよね。となると、行く時期は、夏休み、GW、お正月の大型連休の可能性が高く、その時期はちょっと旅行代が割高になってしまうことも。

 

でも、マイルがあれば航空券を無料にして、その分、予算はホテルや現地でのお楽しみに費やしたり、そもそもの予算を少なくして家族旅行の回数を増やしたりと、旅行の幅が広がることに。

 

今回は、ANAマイルに注目し、8万マイルが貯まったら、家族で海外旅行へ行こう!という目線でご紹介していきます。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

8万マイルでどこまで行ける?海外での家族旅行はANAマイルで行こう!

 

8万マイルでどこまでいけるのでしょうか。

既に8万マイルが貯まっている方も、これから貯めようとしている方にもお伝えしたいのが、8万マイルもあればかなり選択肢が広がるということ。

 

ただ前述したとおり、一人ならどこへでも行けるマイル数も、2人分、4人分と家族との旅行で、また海外となると状況は変わりますよね。

ANAマイルで、どこまで行けるのか、おおよそのイメージをつけてみましょう。

 

ANAマイルには、行く時期(シーズン)ごとに必要マイル数が変わってきます。よく比較されるのは、通常期(レギュラーシーズン)ですが、今回は、家族旅行で一番よく行く繁忙期(ハイシーズン)にで比較していきますね。

 

L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)

 

上記を見て頂くと、正に、日本で一番人の移動が多く、旅行者があっちにもこっちにもいて活気溢れる時期が、H(ハイシーズン)になっています。

では、この繁忙期に行ける、ANA8万マイルを使って無料の航空券「特典航空券」に交換できる海外渡航先は、2人~4人で行くとこちら。

 

[利用クラス] Y(エコノミークラス)、C(ビジネスクラス)

 

◆ANAマイルが8万貯まって海外へ2人で行くとしたら

Hというのは「ハイシーズン」のこと。今回は繁忙期のみのマイルに焦点をあててみました。ですので、ローシーズンやレギュラーシーズンはもっと少ないマイル数で行けると思っていてください。

 

《エコノミークラス》 韓国(ソウル)・北京、 大連、 瀋陽、 青島、 上海、杭州、 広州、 厦門、 成都、 武漢、香港、 台北、 マニラ・シンガポール、 バンコク、 ホーチミン、 ヤンゴン、 ジャカルタ、 ムンバイ、 デリー、 ハノイ、クアラルンプール、 プノンペン

《ビジネスクラス》 韓国(ソウル)

 

韓国や中国、香港、台湾は飛行距離も短いので、ここはエコノミークラスにして、マイルを残しておくということもできますし、もう少し貯めて、ハワイを目指してもよいですよね。

今や、経済発展が目覚ましい東南アジアの諸国へも、8万マイルあれば行けてしまうので、現地でお得なショッピングを楽しむこともできますよ。

 

CAマイル得子さん

ここで注意です!

マイルと交換ができる特典航空券には、油サーチャージや税金、空港使用料が含まれまず、また、マイルで支払うことはできません。ですので、旅行計画を立てる際には、それらの費用が掛かるという、予算建てをおすすめします。

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

◆ANAマイルで海外へ4人で行くとしたら

家族4人でを例にしましたが、ここでお子様が何歳かによって特典航空券の枚数が変わりますので、ご紹介しますね。

《幼児・小児の特典利用》※搭乗日の年齢が対象

・幼児(2歳未満のお子様

座席を必要としない場合(大人のひざの上に乗る場合)、特典航空券を利用できないので、幼児運賃航空券が別途必要。
なお、座席を使用する場合は、大人と同じマイル数にて特典航空券の利用が可能。

 

・小児(2歳以上12歳未満のお子様

大人と同じマイル数の特典航空券が必要。

・その他
お子様が特典航空券を利用される場合、税金は大人と同じ金額が必要。

 

お子様の年齢にもよりますが、4人分の特典航空券が必要だった場合、8万マイルで行けるのは、こちら。

《エコノミークラス》 韓国(ソウル)

 

4人となると、行き先は限られてしまいますが、ここはどうか目安として考えてみて下さい。

今ある8万マイルを、できるだけ早めの家族旅行で使いたいのなら、韓国だけではく、国内旅行もおすすめします。国内なら4人分のマイルに足りる場所もたくさんありますし、燃油サーチャージや税金が掛からないので、予算を立てやすいはず。

 

また、急ぎではないのなら、是非もう少し貯めて、行きたい場所まで貯めてみて下さい。8万マイルを貯められたのですから、あと半年、1年かけてマイルを増やし、行きたい国や都市に行きましょう!

きっと、「もう少しだから」と貯めることがワクワクして、モチベーションが今までと違いますよ。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

まとめ

 

マイルを貯める時、一番楽しいのは「貯まったらどこに行こう!」というワクワク感です。

貯め始めたばかりの頃は、きっと貯まっていく手ごたえもなく、実感がないのですが、自分のマイルが今どれだけあって、どこにいけるのかが分かってくると、リアルに想像ができ、あとはその目標に向かうことが楽しくなるのです。

 

大切なパートナーやご家族との旅行は、掛け替えのない時間となりますので、通常なら高額になってしまう航空券代を、マイルで有効に活用してくださいね。

マイルを貯めて楽しいワクワクする旅にでましょう♬

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です