ハワイへのマイルを貯めるには?JALマイルの国際線の計算が変わった!

 

ハワイへ行きたい!

ハワイ好きですか?私は大好きです。好きじゃない人いないですよね(笑)

 

ハワイへ通常の航空券で行こうとしたら、7万円以上します。

だからこそ、マイルで交換する無料の航空券「特典航空券」で行けたら最高!

行きましょう!マイルを貯めてハワイへ。

 

ただ、問題があります。

ハワイは人気があり過ぎて、特典航空券が取れないことが多いんです。取り合いですね。

 

ただ、JALマイルならハワイへ行きやすいといわれています。

その理由は?

ハワイアン航空と提携したこと、JALマイルの国際線の計算が変わったことなど、少し動きもあり注目を浴びています。

 

そこで今回は、JALマイルでハワイに行くとしたら、何マイル貯めると行けるのか。また人気のハワイの特典航空券を取るには?などちょっとお話しをしていきましょう!

 

参照:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるJALマイル~貯め方編 

 

ハワイへJALマイルで行こう!JAL国際線のマイル計算で賢く貯める

 

 

ハワイへマイルで行くには、JALマイルの方が行きやすいと言われています。

それは、マイルで交換する無料の航空券「特典航空券」が、JALマイルのほうが取りやすいから。

 

ANAマイルは貯めている人が多いのと、そもそもANAのハワイ便が少ないんです。

では、JALならどれだけマイルを貯めれば、ハワイへ行けるのでしょうか。

 

ハワイまで何マイル?

JALは、「ホノルル」ともうひとつ「コナ」に路線を出しています。

「 東京―ホノルル 」「 東京-コナ 」⇒ 特典航空券 必要マイル数 往復40,000マイル

 ※JALは片道だけでも交換できます。片道20,000マイル

 

◆ざっくりとした目安ですが・・・

「100円=1マイル(還元率1%)」のクレジットカードで、「1ヶ月12万円分の利用」をした場合

 

  • 1ヶ月 1,200マイル × 12ヶ月= 14,400マイル
  • 14,400マイル × 3年= 43,200マイル (※マイルの有効期限が3年のため)

 

1ヶ月のクレジットカード払いを12万円なんて難しい!と思われた方は、ちょっと考えてみてください。

電気・ガス等の公共料金から、日常のちょっとした買い物、美容院代、レジャー代、飲食代なども全てクレジットカード払いに変えてみましょう。特に公共料金などの固定費は、必ずクレジットカード払いに!

 

そして割と見落としがちなのが、化粧品やサプリメント、ウォーターサーバー代など、定期便として毎月定額を支払っているものなどがあれば、こちらもクレカ払いがおすすめ!

 

マイルが貯まるおすすめのカードランキングはこちら!

 ⇒ マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

JALマイルの特徴 

 

① 年間を通じて必要マイル数が変わらない。

繁忙期や閑散期がないので分かりやすく、ANAの必要マイル数が高い時に安く行けるが、逆にANAが少ないマイル時に多く必要になったりするので、GW・お盆・お正月などはJALの方がお得ということに。

 

②新しく始まったシステム「特典航空券PLUS」で旅のプランが立てやすくなった。

 2018年12月~新システム「特典航空券PLUS」が導入されました。

 

これは、これまで特典航空券が取れなくてキャンセル待ちになった場合、ギリギリまで予約確定が分からず、旅行の予約が立てられないことがありました。

そんな時に、マイルを追加(PLUS)すれば、特典航空券として予約できるというシステム。

 

まだ始まったばかりなので、実際にその利便性は分からないのですが、少なくともキャンセル待ちの不安は解消できそうですよね。

ただ、その追加マイル数が割と高いので、ちょっと悩ましいところでもあります。

 

JALの強味はハワイアン航空と提携していること

2018年10月から、JALが提携している航空会社の中に、ハワイアン航空が含まれました。

提携している航空会社とは、相互間でマイルを使うことができ、JAL便ではない路線もJALマイルでいけます。

 

もうわかりますよね。そう、ハワイアン航空もJALマイルで乗れるんです!

つまり、必然的にJALマイルでハワイへいける便が増えることに。

 

これが、JALマイルの方がハワイへ行きやすい理由のひとつとなっているます。

ANAマイルを貯めている人の中では、ハワイ便が取りやすいということで、JALマイルも貯め始めた人もいるんですよ。

 

参照:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるJALマイル~貯め方編 

まとめ

ANAマイルは貯まりやすいといわれて人気があり、ANAマイルを貯める人が多いのですが、その逆をついて、貯める人が多いなら自分はJALマイルを貯めよう!という人もいます。

その方が、無料の航空券、特典航空券が取りやすいから。

 

なるほど~!って感じですよね。

マイルが貯まりやすいから、という事だけを考えていると、実際に利用したいときにはライバルがたくさんいて思うように使えない、なんてことになるとは、私はマイルを貯め始めた時には気づきませんでした。

 

今は、JALもANAも両方貯めていますが、これからもJALマイルは注目していこうと思います。

さぁ!マイルを貯めて、ワクワクする旅に出ましょう♫

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です