JALとANAをカードで比較【2019】マイルを貯める陸マイラーはどちらが得?

 

マイルを貯めてみようかなと考えた時、一番初めに悩むのが、JALマイルにするか、ANAマイルにするかではないでしょうか。そもそもどのように違うのか、なんて分かりませんよね

ちなみに私は初心者の頃、全く分からず、それを調べることもせずに、見切り発車でJALマイルだけを貯め始めました。

 

陸マイラーの中でよく言われているのは「ANAマイルを貯めると決めたなら、ANAマイルのみ、JALマイルならJALマイルのみに絞った方が良い」ということ。

でも最近、両方貯めている人が私の周りでも増えてきました。理由はとっても単純。

JALもANAも両方使える方が、利用できる幅が広がるから。

 

先にお伝えしますと、JALもANAもその特徴を知って貯めれば、どちらも得なんです。

そして、飛行機に乗らずにマイルを貯める陸マイラーにとって、JALカード・ANAカードは必須です。

では、どちらが得なのか、最新の2019年の貯め方に沿って、JALとANAをクレジットカードで比較してみましょう。

 

JAL・ANAをカードで比較【2019年版】陸マイラーにとってどちらのマイルがお得?

 

JALカードとANAカードのどちらが得かは、色々な角度からみて頂き、自分が気になるところで判断することをおすすめします。マイルを貯める陸マイラーならば、よりお得に貯めたいですよね。すごく分かります。

それでは、今回、私が気になる日常のお買い物から比較してみましょう。2019年時点の比較です

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

日常のお買い物でお得に貯られるのはどっち?

JALカードもANAカードも普通カードの基本設定は、「100円=1ポイント=0.5マイル」つまり還元率は0.5%となります。しかし、両社共に「100円=1ポイント=1マイル」還元率1%にすることができ、この設定をすることでマイルの貯まり方が変わります。

 

例えば、1年で貯まるマイル数にこれだけ差がでます。

「100円=1ポイント=0.5マイル」
 毎月のクレジットカード決済額50,000円の場合 
50,000円÷100=500ポイント 500ポイント×12か月×0.5=3,000マイル 
「100円=1ポイント=1マイル」
 毎月のクレジットカード決済額50,000円の場合
 50,000円÷100=500ポイント 500ポイント×12か月=6,000マイル 

 

100円=1ポイント=1マイル」にする方法はこちら。

◆JAL

 ショッピングマイルは通常は、200円=1マイル 

 → 年会費3,000円 (税抜) でショッピングマイル・プレミアムに入会すると、100円=1マイルに

私はJALカードを持ったばかりの頃、通常の年会費2,000円に3,000円を追加することがもったいなく、入会していませんでした。これが今思えば、すごくもったいない!

 
200円=1マイルと100円=1マイルでは貯まり方が全然違うんです。3,000円の年会費なんて必要経費ぐらいに思ってよかったんです。
 
 しかも、ショッピングマイル・プレミアムに入会してJAL特約店で利用すれば、通常の4倍のマイルが付与!

 

続いてANAはというと

◆ANA

ショッピングマイルは通常は、1,000円=1ポイント=5マイル

 → マイル移行手数料、年会費5,000円~6,000円 (税抜) を設定すれば、1,000円=1ポイント=10マイル

ANAも普通カードの年会費は、大体2,000円

 

CAマイル得子さん

説明入ります!

年会費5,000円~6,000円 (税抜) の違いですが、ANAカードのクレジットカード会社の違いです。

年会費5,000円 → JCB系 と  年会費6,000円 → VISA、MASTER系 になります。

 

ここで気になるのは、一見ANAの方が、100円=1マイルにする維持費が高額に思えますよね。実はそうでもないんです。

ANAカードはショッピングで貯めたポイントは、一旦クレジットカードのポイントとして保管され、その後マイルに移行します。この時、マイルに移行する時に必要なのが、上記の移行手数料、年会費5,000円~6,000円 (税抜) というもの。

 

つまり、クレジットカードポイントの有効期限は大体2年ですので、2年に1回だけこの移行手数料を設定してしまえば、1年では、約2,500円~3,000円 (税抜) になるんです。

ここがJALとの差なんですが、JALカードはショッピングポイントがそのままJALマイルとなるため、このような裏ワザはないんですよね。

 

ここでまとめてみましょう!

お得にマイルが貯まる設定「還元率1%」にかかる1年間の維持費

JAL:カード年会費2,000円+ショッピングマイル年会費3,000円=5,000円(税抜)

 

ANAカード年会費2,000円+移行手数料年会費5,000円~6,000円 =7,000円~8,000円(税抜)

 → 2年に1回だけマイルを移行する場合は、マイル移行手数料は実質2,500円~3,000円になるため、1年間の維持費は4,500円~5,000円(税抜) 

 

今回は、普通カードでの場合を比較してみましたが、JALもANAもゴールドカードになると、この手数料が無料。ただその分カードの年会費はアップするのですが、相対的に見てマイルを貯めるならゴールドカードの方が断然たまります。

カードを選ぶときは、そんな風に比較してみてくださいね。

 

一つご紹介しますと、私のおすすめのカードはこちらでご案内しております。

⇒ マイル初心者がマイルを簡単に貯める方法!~Part2ANA・JALカードはこれ!

 

まとめ

 

JALもANAも相対的に大きな差はないと思うのです。では、何で判断をるするとよいかといいますと、正直一つでは難しいところなんです。

今回ご紹介した比較は、日々のお買い物に影響されますので、普段よくショッピングをする場所がJALの特約店だったり、ANAカードのポイントが貯まるお店だったりするかどうかが、一つの判断基準になるということ。

 

この他にも、まだまだ別の項目で比較していきますので、良かったらまた覗きに来てくださいね。

マイルを貯めて旅に出ましょうね♬

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です