マイルが貯めやすい航空会社を徹底比較!ANAマイルとJALマイル

 

日本の飛行機といえばANAとJALですよね。

私がバックパッカーをやっていた頃は、ひたすら格安の航空券を探していたので、ANAやJALなんて高級過ぎて遠い存在でした。

 

でも日本でマイルを貯めようと思ったら、この2社を利用しなくてなりません。

マイルを貯めるなら、どっちがいいの?どっちの方が使いやすいの?飛行機の乗らずにマイルを貯める陸マイラーなら、知っていた方がよいANAマイルとJALマイルの違い。

 

マイルを貯め始めた初心者の方も、少しずつその特典の違いを知れば、一層マイルが貯めやすくなりますよ

それでは今回は、マイルが貯めやすい航空会社どっちなのか。ANAマイルとJALマイルを比べてみましょう。

 

マイルが貯めやすい航空会社「ANA」or「JAL」

 

日本でマイルを貯ためるならANAマイルとJALマイルを利用すれば十分ですが、上級者になってくると、海外の航空会社のマイレージを利用されている方もいます。

日本で利用しやすいマイレージはこちら

航空会社 マイレージプログラム アライアンス
ANA(全日本空輸) ANAマイレージクラブ スターアライアンス
JAL(日本航空) JALマイレージバンク ワンワールド
デルタ航空  スカイマイル スカイチーム
ユナイテッド航空 マイレージプラス スターアライアンス

 

アライアンスとは航空連合のことで、同じアライアンスチームに入っていると提携先として様々な共有があります。上記表で言うと、ANAとユナイテッド航空が同じアライアンスですので、ANAマイルを使って、ユナイテッド航空の無料航空券が利用できるということ。

 

とはいえ、マイル初心者には先ずはANAマイルとJALマイルが使いやすいので、どちらのマイルが貯めやすいのか、比較してみましょう。

ANA

①アライアンス(提携航空会社)

 ANAは何といってもこの世界一のアライアンスグループに加入しているため、とにかく提携会社が多く、その分、行き先の選択肢が増えるのが魅力。

私のようにあっちにも、こっちにもという旅好きには、とっても惹かれる一因ですね。

 

【スターアライアンス】

  • ユナイテッド航空
  • エアカナダシンガポール航空
  • タイ航空
  • アシアナ航空
  • エバー航空
  • 中国 国際航空
  • ルフトハンザ ドイツ航空
  • オーストリア航空
  • ニュージーランド航空  他 全28社 

 

②提携先企業(ポイント相互交換)

楽天やセブンイレブン、ファミリーマートをよく使う方にお得。

  • 電子マネー「楽天Edy」 10,000マイル⇒10,000円分のEdy 
  • 楽天スーパーポイント    10,000マイル⇒楽天スーパーポイント10,000ポイント
  • Tポイント        10,000マイル⇒Tポイント10,000ポイント 
  • スターバックス カード   10,000マイル⇒10,000円分のスターバックス カードへ 
  • nanacoポイント      10,000マイル⇒nanacoポイント10,000ポイント

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

③マイルで交換できる特典航空券

【メリット】

  国内の都市数、海外航空会社の提携会社が多いので、行ける場所が豊富

【デメリット】

  • 国際線でマイル交換できるのは往復のみ。
  • 必要マイル数は、出発地と目的地のゾーン、シーズン、搭乗クラスによって異なる。
  • 人気があるので予約が取り難い。

 

JAL

①アライアンス(提携航空会社)

JALの場合、提携航空会社の数でみると、一見、ANAに見劣りするのですが、世界最大の航空会社アメリカン航空が入っていたり、主要都市は必ず網羅されているので、良くいく渡航先がここに入っているの方におすすめ。

JALは無料で飛行機に乗れる「特典航空券」がANAよりも取りやすいという大きなメリットがあるので、根強いファンがいます。

 

【ワンワールド】

  • アメリカン航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • フィンエアーカンタス航空
  • キャセイパシフィック
  • カタール航空
  • エミレーツ航空 他 全14社

 

②提携先企業(ポイント相互交換)

ローソンやイオンをよく使う方にお得。

  • 電子マネー「waon」 10,000マイル ⇒10,000WAON(10,000円相当)
  • Ponta             3,000マイル~9,000マイル⇒1,000マイルで1マイル=0.5Pontaポイント
  • Ponta          10,000マイル  ⇒ 10,000Pontaポイント                                                                         

 

③マイルで交換できる特典航空券

【メリット】

  • 繁忙期でも必要マイル数が同じ
  • 人気のハワイが比較的取りやすい。
  • 国際線で片道分のマイル交換ができる。

 

【デメリット】

 行ける場所がANAよりも限定される。

 

まとめ

 

よくマイルを貯めるなら一極集中が良いといいます。その方が効率が良く貯まりやすいし、使いやすいということ。

でも実施にANAとJALの比較をすると、どちらも魅力的に思えてしまうので、迷うところです。

 

どちらかに絞ってとにかくマイルを貯めるのも良し!どちらかを優先にしながら、もう一方も少しずつ貯めるも良し!と、私は思っていますので、実際にはANAマイルをメインに貯めながら、JALマイルも細々と貯まるのを眺めております。

今後、両社がどのような動きをするのかでマイルの取り扱いも変わってきますので、この辺は臨機応変に構えていた方が無難かも。

とはいえ、今はマイルを貯まったらどこに行こうか、と脳内tripを楽しみましょう♪

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です