格安航空券トラベルコでマイルを貯めるには?ANAマイルをLCCで使うには?

 

格安航空券を探すのに様々なサイトがありますが、たくさんの航空券の中から希望に沿った検索結果を出してくれるので本当に便利ですよね。その中でも人気なのが「トラベルコちゃん」。私もよくお世話になっています。

 

通常の航空券でANAの飛行機に乗るとフライトマイルが貯まりますが、果たしてトラベルコのような格安航空券でもマイルは貯まるのでしょうか。

結論から申しますと、貯まります。ただし、その航空券の種類によってマイル数は異なることに。

 

では、LCCではどうなんでしょうか。マイルは貯まるのでしょうか。またマイルを使って航空券の交換はできるのでしょうか。

結論から申しますと、LCCでもマイルが使えます。ANAマイルで特典航空券に交換ができるのが「バニラ・エア」

 

それでは今回は、格安航空券トラベルコでマイルを貯めるには?ANAマイルでLCCを使う方法についてご紹介していきますね。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

 

格安航空券トラベルコでANAマイルを貯めるには?格安航空券とLCCは違うの?

 

格安航空券のサイトの中でも代表的なのが「トラベルコ」。

格安航空券を探しにネット検索をしたことがある方なら、一度は見たことがありますよね。このトラベルコでマイルを貯める方法については、少しANAマイルの知識が必要となります。

ちなみに、LCCとはローコストキャリア(Low Cost Carrier)のこと。つまり格安航空会社のことで、格安航空券とは異なります。

 

【トラベルコ:国内格安航空券】

トラベルコの格安航空券でも、航空会社のマイルを貯めることができます。
ご予約完了後に、購入した航空券を各航空会社で登録手続きを行って下さい。
マイルの登録は、航空会社の公式サイト・コールセンター・空港チェックインカウンター等でお手続きが可能です。
ご利用の区間のマイル数や、航空券の種類によるマイル換算率など、詳細については各航空会社でご確認ください。

◆ 国内線フライトマイル = ご搭乗の区間基本マイレージ × 運賃種別ごとの積算率

上記にある「運賃種別ごとの積算率」がポイント。

航空券の種類によってマイル数が異なるので、格安航空券の場合は通常の航空券よりも積算率は50%に下がります。ただし、正確な積算率は発行される航空券が分かってから、ANAに問い合わせをする方が良いでしょう。

 

【トラベルコ:海外格安航空券】

トラベルコに掲載されている海外航空券でも、基本的に航空会社のマイレージ(マイル)を貯めることができます。ただし、マイレージ加算対象外の商品は除きます。
マイレージ加算対象かどうか、加算マイレージ数、マイレージ加算率など、詳細については各航空会社にご確認ください。
マイレージの登録は、航空会社の公式サイト、コールセンター、空港チェックインカウンター等でお手続きが可能です。
ご予約完了後に、各航空会社で登録手続きを行ってください。

◆ 国際線フライトマイル = ご搭乗の区間基本マイレージ × 予約クラスごとの積算率

国際線の場合「予約クラスごとの積算率」がポイント。

 

予約クラスとは座席クラスのことで、そのランクによって積算率が異なりますが、格安航空券のエコノミークラスの中でもかなり細かく分類されているため、発行された航空券が以下のどこに当てはまるかによって、積算率は変わってきます。

トラベルコで航空券が発行されたら、予約クラスの確認をしてみましょう。たとえ30%だとしても、マイルが貯まるのは嬉しいですよね。

 

CAマイル得子さん

ここで注意です!

予約クラスがO、I、R、X、Nのものにつきましては積算対象外になります。

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

格安航空券とLCCは違うの?ANAマイルをLCCで使うには?

LCCとは

ローコストキャリア(Low Cost Carrier)、格安航空会社のこと。
効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を指します。サービス面をコストカットしているのがLCCの特徴です。
例えば、機内サービス、食事や飲み物が有料だったり、小型機で座席が狭いので短距離に活用されています。

近年その安さから人気のLCC。自社のマイレージプログラムはないのですが、ANAは「バニラ・エア」と提携を結び、マイルで交換できる無料の航空券、特典航空券の利用ができるようになっています。

 

【バニラエア全便対象】

【国内線】
成田⇔札幌、成田⇔沖縄(那覇)、成田⇔奄美大島、成田⇔函館、成田⇔関空、関空⇔奄美大島、成田⇔石垣、沖縄(那覇)⇔石垣

【国際線】
成田⇔台北、成田⇔香港、成田⇔高雄、関西⇔台北、沖縄⇔台北、福岡⇔台北、成田⇔セブ

 

必要マイル数は、10,000マイル~30,000。

ANAの国内線特典航空券より、マイル数が少ないのでここはお得です!とはいえ、LCCは成田空港からになるため、羽田空港近辺の方にとっては、あまり使い勝手は良くないかもしれません。

 

そして、バニラ・エアの魅力の一つが、燃油サーチャージが不要なこと!

通常、国際線の特典航空券は別途、燃油サーチャージが必要で、それをマイルで交換ができないのがネックなんですが、バニラ・エアで国際線を利用する時はここは大いにお得ですね。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

まとめ

格安航空券はマイルは使えない、貯まらないと思っていた人がいたら、是非この記事をきっかけに色々と試してみて下さいね。

旅好きさんは、いかに安くお得に旅行に行こうと試行錯誤しますが、こういった情報は知っているととってもお得ですし、知らないと損してしまいます。

 

実は私も格安航空券を使って旅行した時、マイルが貯まるなんて考えてもなく、全く調べることなく利用していました。

もったいないですよね。。マイルのことを知ってたくさん貯めて、たくさん旅にでましょうね♬

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

 

 

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です