ANAカード10マイルコースと5マイルコース変更とANAVISAの自動移行NGの理由

 

ANAカードにはマイルに移行する時の交換率というものがあり、それによってマイルの貯まり方が変わります。

10マイルコースと5マイルコースがあり、マイルが貯まりやすいのは、10マイルコース。

 

このコースの設定と移行の方法を選択するのですが、それぞれ注意点があり、変更するタイミングや、自動移行にしないことがとっても重要なんです。

とはいえ、ANAカードを持ち始めたばかりの方や、あまり意識していなった方には、少し難しいと思うので、今回はその辺の設定についてご説明しますね。

 

ANAカードは、ANA VISAカードの需要が一番多いので、ANA VISAを例に出させて頂きます。

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

ANAカード10マイルコースか5マイルコース?その変更とANAVISAマイル自動移行ダメ!

 

ANAカードの一般カードの初期設定は「5マイルコース」

 → 1,000円=1ポイント=5マイル(還元率0.5%)マイルへの移行手数料は無料

 → 1,000円=1ポイント=10マイル(還元率1.0%)移行手数料は、5,000円~6,000円(+税)

 

◆ANAカードのゴールドカードの初期設定は「10マイルコース」

 → 1,000円=1ポイント=10マイル(還元率1.0%)移行手数料は無料

 

マイルを効率よく貯めるためには、この設定が大変重要になります。

一般カードが「5マイルコース」→「10マイルコース」に変更するタイミングと、自動移行(自動方式)ではなく、都度移行(応募方式)にすることが、マイルを失効させない一番の方法となるのです。

 

まず、一般カードは、「10マイルコース」へ変更する場合、移行手数料が有料となり、これが1年単位の金額となるので割と高い。

以下は、三井住友系のVISAカードですが、JCB系だと年間5,400円となります。

 

この手数料を払ってでも「10マイルコース」に変更した方が良いかどうかを考える前に、ANAカードの種類と特徴をお伝えしますね。

 

参考:マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

 

マイルへの自動移行をすすめない理由!

ANAカードは、ANAマイルを貯めるには一番良いカードですが、利用した金額が自動的にマイルに交換されるのではなく、一旦クレジットカードのポイントとなります。

 ※JALカードは、お買い物ポイントがそのままJALマイルへ自動移行で変更不可。

 

三井住友系(Visa / master)なら、「ワールドプレゼントのポイント」JCB系なら「Oki Dokiポイント」

まずはそれぞれのポイントとしてクレジットカード会社側に管理され、それをANAマイルに移行してからが、ANAマイルとしてみなされます

ここでお伝えしたいのが、マイルの有効期限3年

 

クレジットカードのポイントからANAマイルになった時から、有効期限がカウントされ3年以内に利用しないと、マイルは失効となってしますのです。

つまり、クレジットカードのポイントからANAマイルに移行する時期を、自分で動かすことができれば、有効期限は延長できるということ。

 

クレジットカードポイントの有効期限は、一般カードは2年。ゴールドカードは3年です。クレジットカードポイントの有効期限が切れる間際に、ANAマイルへ移行すれば、実質マイルの有効期限は、5年~6年に!

これが、クレジットカードポイントを自動移行してはいけない理由なんですね

 

10マイルコースへの変更のタイミングでマイルが延長できる!

つづいて、10マイルコースへの変更ですが、一般カードの場合、移行手数料が高額にかかってきます。

ですが、ここで重要なのが、移行手数料は年会費なので、1年間は何度でも移行可能になるということ。

 

ということは、2年間マイルを貯め、2年目のポイントの有効期限が近づいたところで、「10マイルコース」に設定を変更すればよいということになります。

つまり、2年に1回だけ「10マイルコース」にすれば、実質、移行手数料の年会費は半額ですむということに。

 

2年に1回だけマイルを移行する場合

お得にマイルが貯まる設定「還元率1%」にかかる1年間の維持費
 
◆ANA VISA/Master系:カード年会費2,000円+移行手数料年会費6,000円 =8,000円(税抜)
 
 → 移行手数料は実質3,000円になるため、1年間の維持費は5,000円(税抜) 

 

◆ANA JCB系:カード年会費2,000円+移行手数料年会費5,000円 =7,000円(税抜)
 
 → 移行手数料は実質2,500円になるため、1年間の維持費は4,500円(税抜) 

 

コース変更のタイミングについては、こちらをご参照下さい。

⇒ ANAカード10マイルコースと5マイルコース変更は必要?移行手数料は?

 

参考:【マイルの貯め方・使い方】初心者から始めるANAマイル~貯め方編

まとめ


マイルの一番のデメリットは、有効期限があること。しかも3年。

これは、頻繁に旅行に行ける人なら全く問題ない期間かもしれませんが、あまり旅行に行けなかったり、ゆっくり貯めているため、3年ではマイルが足りなかったりした場合、3年はあっという間です。

 

失効してしまうのは、とってももったいないこと。なんとか回避したいと思ったら、クレジットカードの特性を活かして、有効活用しましょう!

さぁ!マイルを貯めて、ワクワクする旅に出ましょう♫

 

マイルが貯まるカードランキングはこちら ↓ 

マイルを貯める!と決めたあなたに贈る本気のクレジットカード5枚【ANA・JAL】

2018.12.21

こちらの応援クリックをポチッとお願いします!

 

 


にほんブログ村

 


マイレージランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です